年に発効されました。しかし、毎年何千頭ものクジラが無用に残酷に殺されています。捕鯨の全面禁止にもかかわらず、日本、ノルウェー、アイスランドの捕鯨船はクジラに銛を打ち込み、虐殺し続けています。政府の支援を受けて、世界のほとんどの国に反対されながら、自分たちが主張するように必要に迫られたり科学のために捕殺しているのではなく、利益のために捕鯨しているのです。は商業捕鯨をやめさせるために、あらゆる国際会議や法的手段を活用していきます。

 

IFAWの商業捕鯨反対運動

  • 国際捕鯨委員会(IWC)でクジラの保護強化のために活動します。

  • 調査捕鯨の偽りを暴き、科学者による海洋生物の貴重な科学的調査は、動物に危害を加えなくても実施できることを証明します。

  • 日本や韓国で販売されている絶滅危惧種のクジラの肉のDNA鑑定を通じて、違法な捕鯨を摘発します。

 

地域経済援助のために商業捕鯨を停止

商業捕鯨はクジラだけでなく、経済にも悪影響があります。21世紀における、唯一真に持続可能なクジラの利用法として、責任あるホエールウォッチング産業の発展を支援します。