捕鯨の残虐性

クジラは地球上で最大の動物です。つまり、1頭のクジラを捕殺するのは決して容易ではありません。そのため捕鯨は想像を絶するほどの残虐性と苦痛を伴います。

これは1946年に南極遠征で捕鯨船の船医だったリトル博士が見たことを記述したものです:

「爆発と共に飛んできた槍が2、3本、腹に突き刺ったまま、ロンドンの街中で肉屋のトラックを牽引させられている馬の流血で溝が真っ赤になる様を想像することができれば、現在の捕殺方法がどんなものかわかるでしょう。もしクジラが叫ぶことができたら、その声に誰も耐えられず、捕鯨産業は終わるだろうと捕鯨砲手自身、認めています。」

現在も捕鯨業者は同様の方法を用いています。火薬の爆発力で発射した銛でクジラを捕らえて手繰り寄せ、強力なライフル銃で止めを刺します。しかし、捕鯨の凶暴性を表す行為はこれだけではありません。考えてみてください:

  • クジラは銛を打ち込まれる前に、極度に疲労するまで追跡されます。

  • 爆発銛は致命的でないことが多く、クジラは死ぬまで何度も銛を打たれる場合があります。

  • 負傷し、銛を打ち込まれたクジラは捕鯨船に手繰り寄せられ、さらに銛を打ち込まれ、強力なライフル銃で撃たれるか、電気槍で感電させられます。噴気孔を覆われたまま捕鯨船の横に縛りつけられて溺死するクジラもいます。

  • クジラは呼吸や心拍を遅くすることができるので、死んだり意識を失ったりしたように見えるクジラの多くは多分まだ極度の苦痛を感じているはずです。

こうした捕鯨方法の残虐さこそ、IFAWが断固として捕鯨に反対する理由の1つです。