サンクチュアリとは?

サンクチュアリは基本的に海中の国立公園や保護区で、クジラなどの海洋生物が人間の活動や脅威から保護されています。サンクチュアリの管理者にもよりますが、海洋保護区、海洋サンクチュアリ、あるいは単にクジラ・サンクチュアリと呼ばれます。

サンクチュアリの効果とは?

クジラ・サンクチュアリは、人間の脅威からクジラを護るために指定された海中の水域です。それぞれ、クジラ、イルカ、ネズミイルカのうち1つ、あるいは複数の種にとって重要な摂食・繁殖・出産・移動海域を保護しています。

こうしたサンクチュアリによって、減少したクジラの個体数の回復を助け、海洋生態系全体の健全性を確保し、沿岸地域の自然遺産を保護することができます。サンクチュアリはまた、地域の漁業、教育、観光に大きく貢献するなど、人間にも重要な利益をもたらすことがあります。

特記すべきクジラ・サンクチュアリ

世界の海には多数のサンクチュアリや海洋保護区、そしてクジラの保護に指定された水域があります。その中でもクジラにとって重要なサンクチュアリや保護区には、南氷洋クジラ・サンクチュアリ、インド洋にあるIWCのサンクチュアリ、メキシコのバハ水域、その他国立のサンクチュアリがあります。クジラ・サンクチュアリは、気候変動や人間活動による様々な環境への影響によって、危機的な状況にあります。

その中には捕鯨活動だけを禁止しているサンクチュアリもありますが、より広範囲にわたる保護を行っているところもあります。例えば:

  • 船の航行規制と海域の閉鎖
  • 特定の漁業慣習の監視または季節的な閉鎖
  • 生息域保護のための公害防止協定の策定

しかし、これらすべてには、世界中のクジラと生息域を保護するという共通の壮大な目的があります。