絶滅危惧種法を米議会の攻撃から救うIFAWのキャンペーンで有名人が団結

Wednesday, September 20, 2017
米ニューヨーク州ニューヨーク

#OneActForAll

国際動物福祉基金(IFAW)は、最近連邦議会で批判されている米国絶滅危惧種法(ESA)に対する攻撃を撃退するために、IFAW大使のピアース・ブロスナンとスラッシュ、そしてサマンサ・ビー、ニーナ・ドブレフ、マーク・ラファロ、ウィルマー・バルデラマ、スーザン・サランドンなどおなじみのスターを含む二十数名の有名人と協力して活動を行います。1973年の制定以来、ESAは何千種にも上る絶滅寸前の象徴的な愛すべき生物を保護する世界で最も強力なツールの一つとして、その役割を果たしてきました。

#OneActForAll(ワン・アクト・フォー・オール)キャンペーンは、ESAの保護によって現在恩恵を受けている(または受けることができた)様々な種とそれぞれペアを組んだ有名人を一連の画像と映像で特集しています。キャンペーンの画像・映像などは、www.oneactforall.com(支持者が容易にキャンペーンに参加したり、すぐに議員に連絡したりできるように作られた、行動重視のウェブサイト)、IFAWのソーシャルチャンネル、有名人、他の支持者やインフルエンサーのソーシャルチャンネルなどのデジタルチャンネルを通じて発信されます。

ESAは野生生物を絶滅から保護するために制定され、ハクトウワシ、ハイイログマ、アメリカアリゲーター、ザトウクジラ、カリフォルニアコンドル、クロアシイタチ、その他多くの動植物を含めて、掲載種の99%の絶滅を阻止し、大きな成功を収めたことが証明されています。

「選出された政治家の一部が批判の対象になっていますが、IFAWは絶滅危惧種を保護します」とIFAWの北米事務局長、ジェフ・フロッケンは言います。「最も危険にさらされている動物を最善の方法で保護する法律が攻撃されています。これらの有名人が私たちの活動に惜しみない支持を表明してくれたのは、米国内外の愛すべき象徴的な動物の喪失という危機に瀕していることを皆に気付かせるためなのです。」

他にもキャンペーンに参加したスターは、IFAW大使のジェーン・グドール、クリスティン・バウアー・ヴァン・ストラテン、ジョエリー・フィッシャー、ミック・フリートウッド、マイルズ・ケネディ、ヘザー・モリス、ゴラン・ヴィシュニック、さらにマディソン・ビアー、カミーラ・ベル、ジェイ・コートニー、ホイットニー・カミングス、ギャビー・ダルキン、アリソン・イーストウッド、スコット・イーストウッド、レオナ・ルイス、アリエル・ケベル、ジョシュ・ペック、ジェフ・スタルツ、エディ・ヴェダー、レイン・ウィルソンです。

IFAWの#OneActForAllキャンペーンの一環として、俳優で活動家のマーク・ラファロは言います。「米国のハクトウワシのシンボルは自由と強さを表します。ESAや他の環境法のおかげで、かつて絶滅の危機に瀕していたハクトウワシの個体群は回復しました。ESAを廃止しようとする試みはドミノ効果をもたらし、現在法に保護されている何百という動植物を破壊しかねません。そんなゲームをプレイするわけにはいきません。私はIFAWを支持しています。なぜなら、この地球の住民として、私たちは地球と地球上の全生物を保護する責任があるからです。」

俳優のウィルマー・バルデラマは言います。「ハイイロオオカミは一時米国の到る所で見つけることができましたが、その後狩猟によって絶滅の危機に瀕しています。ハイイロオオカミは常に私のスピリット・アニマルでした。絶滅危惧種として保護されないかもしれないと考えると恐ろしいです。ESAの廃止はハイイロオオカミや数えきれないほどの他の絶滅危惧種に壊滅的な悪影響をもたらすでしょう。」

「議会の攻撃からESAを守ることはとても重要です」と絶滅の危機にあるラスティーパッチド・バンブルビー(マルハナバチの一種)を救うために行動を起こした、コメディアンのサマンサ・ビーは言います。「偶然にも、ラスティーパッチド・バンブルビーは高校時代の私のあだ名でした。」

ミュージシャンでIFAW大使のスラッシュは言います。「アフリカゾウの個体群は過去50年間で激減し、ESAの保護が必要です。ゾウは高い知能から社会・家族構成まで、人間によく似ています。持続的生存のために保護してくれるESAのような法律を絶対必要とするゾウや他のあらゆる動物を救うために、ESAを保護するIFAWを支持しています。」

「他の大型類人猿とともに、チンパンジーは私たちに最も近い近縁種です。チンパンジーを本当に保護するためにはESAのような強力な法律が必要です」とジェーン・グドール・インスティテュートの創設者で、国連ピース・メッセンジャーのジェーン・グドール博士、DBE(デイム・コマンダー)は言います。「皆さんの支援がなければ、ESAは廃止され、ESAが廃止されれば、あらゆる絶滅危惧種が絶滅します」とIFAWの代表兼CEO、アゼディーン・ダウンズは言います。

#oneactforallキャンペーンの詳細を知り、連邦議会議員の連絡先を探し、有名人のキャンペーンの写真と映像をさらに見るには、www.oneactforall.comをご覧ください。

IFAW(国際動物福祉基金)について

1969年に設立されたIFAWは助けを必要とする動物を救援する活動を世界中で行っており、40カ国以上でプロジェクトを展開しながら、個々の動物を救助し、動物虐待防止キャンペーンを推進し、野生生物保護と生息地保全を提唱しています。詳しくは www.ifaw.orgをご覧いただくか、ソーシャルメディア@action4ifawやFacebook/IFAWでフォローしてください。

Post a comment

メディア担当の連絡先

マーク・サットン(ザ・ローゼン・グループ)
Contact phone:
212.255.8478
Contact mobile:
915.227.5680
Contact email:

Experts

Patrick Ramage Whale Programme Director
Whale Programme Director
シンシア・ミルバーン, 政策開発シニアアドバイザー
政策開発シニアアドバイザー
タニア・マックリー・スティール ― 経歴 IFAW英国事務所、グローバル野生生物サイバー犯罪プロジェクトリーダー
IFAW英国事務所、グローバル野生生物サイバー犯罪プロジェクトリーダー
ベス・オールグッド、 米国、キャンペーン・ディレクター
米国、キャンペーン・ディレクター