News: Home

2018年01月18日 年月日
毎年、何百頭ものイルカ、クジラ、ネズミイルカやアザラシが世界中の海岸に座礁しています。場所によっては、幸いにも科学者や獣医、あるいはボランティアのネットワークがこうした座礁に対応して、動物が生きている場合は救助することができます。また、こうした救助活動を通じて、科学者は動物が座礁する原因を調査することもできます。こうした取り組みは、海洋生態系における海洋哺乳類の役割、(人畜共通感染症などの)新しい病気の特定、固有の海洋哺乳類の個体群の自然史、分布、生態学、健康の詳細などの理解につながります。さら Read more »
2018年01月09日 年月日
2016年にカジランガ国立公園を壊滅させたモンスーンの洪水から救出され、IFAW(国際動物福祉基金)-WTI(インド野生生物トラスト)野生生物リハビリ保護センター(CWRC)で人工保育された3頭のメスのサイの赤ちゃんが、最終的に野生に戻るためにマナス国立公園に移送されました。 3頭の赤ちゃんは、IFAW-WTIの移動獣医サービス(MVS)ユニット、アッサム州森林局、そして地元の人々の連携によって、名前の由来になったハルディバリ、デオパーニ、シルドゥビの各地域で洪水から救出されました。昨日の午後、 Read more »
2017年12月01日 年月日
中国税関は昨日、7月に深圳の船から過去最大の11.9トンのセンザンコウのウロコを押収したと発表しました。CITESの附属書Ⅰにセンザンコウ全8種を掲載することに成功した20団体を超える連合のリーダーとして、また米国の絶滅危惧種法にセンザンコウの掲載を求める請願書の共同作成者として、国際動物福祉基金(IFAW)は以下の声明を発表しました。 「この歴史的な押収に関して、中国税関を称賛します。大量のセンザンコウのウロコの積荷が押収されるニュースは残念ながら一般的になりましたが、これは数万頭ものセンザン Read more »
2017年11月27日 年月日
世界で最も重要な保護団体が、絶滅危惧種のイワシクジラの取引に関して、日本に対する措置を回避しました。多くの政府が懸念を表明する一方で、今回は最終的に、より多くの情報を日本に求め、対日措置については次回の会議まで延期することだけが決まりました。 「各国政府はCITESで日本の責任を問うということができていません」と今週ジュネーブで開催中の第69回絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)常任委員会会議に出席している国際動物福祉基金(IFAW)の国際政策部長、マット・コリス Read more »
2017年11月07日 年月日
アルバータ州政府の「情報公開法」による請求で明らかになった新しいデータは、カナダの捕食動物を標的とする残酷で非倫理的な毒殺を緊急にやめる必要性を明確に示しています。 2012~2017年の間にアルバータ州リトルスモーキー地域で168頭の動物がストリキニーネによって毒殺されたと報告されていますが、標的とされたオオカミはこのうち半数未満の65頭でした。衝撃的なことに、アルバータ州政府が準備した毒で殺された動物の60パーセント以上は「非標的」動物で、カラス、オオヤマネコ、フィッシャー、テン、コヨーテ、 Read more »
2017年10月26日 年月日
IFAW(国際動物福祉基金)は今日の「移動性野生動物種の保全に関する条約」(CMS)の国連野生生物会議で、4日間にわたる集中協議の後、世界各国政府が世界最大の魚類であるジンベイザメを含めた一連のサメ種の保護を強化することに期待を寄せています。 一方、CMSは各国がこれまでライオン、ヒョウ、キリン、チンパンジーを保護する新たな国際協力に合意することができなかったため、種の提案について史上初の投票に向かおうとしているようです。 「世界のサメの多くにとって保護は必須です。乱獲や混獲、フカヒレに対する絶 Read more »
2017年10月26日 年月日
IFAW(国際動物福祉基金)は、第12回移動性野生動物種の保全に関する条約(CMS)締約国会議(COP12)で、ライオン、ヒョウ、チンパンジー、キリンなどのアフリカの最も象徴的な野生生物の保護を強化する世界各国政府のコミットメントを歓迎します。 この保護強化案は当初、合意に至らなかったため、各国政府がCMS史上初めて種の提案に関する投票をした後、実現しました。 「アフリカの野生生物の保護を強化するための世界各国政府によるこの新たなコミットメントは、これ以上ない重要な時に実現しました。ライオン、ヒ Read more »
2017年10月25日 年月日
今日発表された世論調査の結果によると、アイスランド人のミンククジラ猟への支持は、わずか1年で5パーセント下落しました。 国際動物福祉基金 (IFAW)が委託したギャラップ調査によると、昨年の50.8パーセントに比べて、今回はアイスランド人の45.8パーセントがミンククジラ猟を支持すると答えました。こうした調査でアイスランド人の捕鯨への支持が50パーセント未満だったのは初めてです。 アイスランド人のナガスクジラ猟への支持も大幅に減少し、2016年の42パーセントに比べて、今回ナガスクジラ猟を支持す Read more »
2017年10月20日 年月日
先月ハリケーン・マリアがカリブ海を駆け抜けた後、ドミニカの島国はひどい被害を受けました。国際動物福祉基金(IFAW)は、地域社会、動物、野生生物を支援するために食料、援助物資、災害対策専門家チームを送っています。IFAWはこの重要な任務を達成するために、島に多くのつながりを持つ2つの団体、ドミニカ・ウミガメ保護団体のジェイク・レベンソン、ドミニカ・マッコウクジラ・プロジェクトのシェーン・ジェロと連携しました。 「このハリケーンによって壊滅的な被害を受けた故郷を見るのは断腸の思いです」とこの島出身 Read more »
2018年01月18日 年月日 by Kumi
毎年、何百頭ものイルカ、クジラ、ネズミイルカやアザラシが世界中の海岸に座礁しています。場所によっては、幸いにも科学者や獣医、あるいはボランティアのネットワークがこうした座礁に対応して、動物が生きている場合は救助することができます。また、 Read more »
2018年01月09日 年月日 by Kumi
2016年にカジランガ国立公園を壊滅させたモンスーンの洪水から救出され、IFAW(国際動物福祉基金)-WTI(インド野生生物トラスト)野生生物リハビリ保護センター(CWRC)で人工保育された3頭のメスのサイの赤ちゃんが、 Read more »
2017年12月01日 年月日 by Kumi
中国税関は昨日、7月に深圳の船から過去最大の11.9トンのセンザンコウのウロコを押収したと発表しました。CITESの附属書Ⅰにセンザンコウ全8種を掲載することに成功した20団体を超える連合のリーダーとして、 Read more »
2017年11月27日 年月日 by Kumi
世界で最も重要な保護団体が、絶滅危惧種のイワシクジラの取引に関して、日本に対する措置を回避しました。多くの政府が懸念を表明する一方で、今回は最終的に、より多くの情報を日本に求め、対日措置については次回の会議まで延期することだけが決まりました。 「 Read more »
2017年11月07日 年月日 by Kumi
アルバータ州政府の「情報公開法」による請求で明らかになった新しいデータは、カナダの捕食動物を標的とする残酷で非倫理的な毒殺を緊急にやめる必要性を明確に示しています。 2012~ Read more »
2017年10月26日 年月日 by Kumi
IFAW(国際動物福祉基金)は今日の「移動性野生動物種の保全に関する条約」(CMS)の国連野生生物会議で、4日間にわたる集中協議の後、世界各国政府が世界最大の魚類であるジンベイザメを含めた一連のサメ種の保護を強化することに期待を寄せています。 一方 Read more »
2017年10月26日 年月日 by Kumi
IFAW(国際動物福祉基金)は、第12回移動性野生動物種の保全に関する条約(CMS)締約国会議(COP12)で、ライオン、ヒョウ、チンパンジー、キリンなどのアフリカの最も象徴的な野生生物の保護を強化する世界各国政府のコミットメントを歓迎します。 Read more »
2017年10月25日 年月日 by Kumi
今日発表された世論調査の結果によると、アイスランド人のミンククジラ猟への支持は、わずか1年で5パーセント下落しました。 国際動物福祉基金 (IFAW)が委託したギャラップ調査によると、昨年の50.8パーセントに比べて、今回はアイスランド人の45. Read more »
2017年10月20日 年月日 by Kumi
先月ハリケーン・マリアがカリブ海を駆け抜けた後、ドミニカの島国はひどい被害を受けました。国際動物福祉基金(IFAW)は、地域社会、動物、野生生物を支援するために食料、援助物資、災害対策専門家チームを送っています。 Read more »