Satao 2 tusker killing sad reminder elephant poaching crisis not over

Mar 7 2017
Satao 2 was a tusker with extremely long tusks like this elephant in Tsavo Natio

Satao 2 was a tusker with extremely long tusks like this elephant in Tsavo National Park.Our tenBoma counter-poaching initiative partner, Tsavo Trust, which operates the Big Tusker Project, confirmed for us the sad news that another iconic tusker named Satao 2 was killed in Tsavo East National Park, Ke

Satao 2 tusker killing sad reminder elephant poaching crisis not over

Mar 7 2017
Satao 2 was a tusker with extremely long tusks like this elephant in Tsavo Natio

Satao 2 was a tusker with extremely long tusks like this elephant in Tsavo National Park.Our tenBoma counter-poaching initiative partner, Tsavo Trust, which operates the Big Tusker Project, confirmed for us the sad news that another iconic tusker named Satao 2 was killed in Tsavo East National Park, Ke

Bilanz von zehn Tagen: 8 Strandungseinsätze, 27 gerettete Meeressäuger

Mar 1 2017
Bilanz von zehn Tagen: 8 Strandungseinsätze, 27 gerettete Meeressäuger

Feb. 2017 Dolphin Rescues

Das IFAW Rettungsteam für Meeressäuger hatte im Jahr 2017 schon alle Hände voll zu tun. Es gab in den ersten zwei Monaten des Jahres schon überdurchschnittlich viele Strandungen.

Location: 

IFAW、世界ペット避妊デーを祝う

Publication Date: 
Feb 28 2017
Thumbnail: 
Image: 

「世界ペット避妊デー(World Spay Day)」の今日、国際動物福祉基金(IFAW)は祝うことがたくさんあります。

インドネシアからカナダ北部まで、そしてドイツから南アフリカまで、IFAWは世界中のネコやイヌに獣医による医療を提供しています。プログラム全体では昨年、何万頭ものイヌやネコ、さらにウサギやテンジクネズミにまで避妊手術を施しました。提供した医療及びその他の援助を合計すると、IFAWは昨年38,793頭のペットを治療したことになります。

IFAWのペット・プログラムは、資金難や僻地のため獣医の治療が受けられないコミュニティを対象にしています。カナダ北部では、多くの先住民コミュニティが利用できるのはIFAWの獣医療だけです。ドイツでは、ペットがいくらかわいくても、高い獣医の治療費を払うお金がない人々のペットをIFAWの獣医が治療しています。そしてインドネシアのバリや南アフリカの貧しい居住区では、IFAWのチームが100近いコミュニティの動物に直接獣医療を提供しています。

Press Location: 
米ワシントンD.C.
Press Contact
Press Contact: 
リース・クレブス(IFAWカナダ)
Contact phone: 
(416) 669-3459
Contact email: 

ツァボでゾウの個体数の航空調査

Publication Date: 
Feb 27 2017
Thumbnail: 
Image: 

金曜日、ツァボ保護区で10日間に及ぶゾウの個体数の航空調査が終了しました。ゾウの総数はまだ発表されていませんが、3年ごとに実施される調査のこれまでの結果では、ゾウの個体数は2014年には11,076頭、2011年には12,573頭、2008年には11,733頭でした。最終結果は科学者がデータをまとめ次第、発表されます。

「ツァボのゾウの状況を知ることは極めて重要です」と国際動物福祉基金(IFAW)の東アフリカ地域事務局長、ジェームズ・イシチは言います。「これは密猟と衝突によって、ゾウがアフリカ全域で過度の圧力を受けていることが背景にあります。そのため、特に開発や農業などの人間の活動と、最近の気候変動に関連したゾウや大型哺乳類の個体数と分布を監視できるこの調査は重要です。実際、調査はひどい干ばつの最中に実施されました。今回受け取る情報はゾウの保護と管理に役立ちます」とイシチは言います。

Press Location: 
ケニア、タイタ・タヴェタ
Press Contact
Press Contact: 
ジャックリーン・ニャガ(IFAW東アフリカ)
Contact phone: 
+254 722 607640
Contact email: 

南アフリカのサイ保護施設襲撃に関する声明

Publication Date: 
Feb 22 2017
Thumbnail: 
Image: 

国際動物福祉基金(IFAWは、今週月曜の夜、南アフリカのサイの孤児保護施設、Thula Thula Rhino Orphanage(スーラ・スーラ・ライノ・オーファネイジ)で起きた襲撃を非難します。スタッフが殴られ、残忍な扱いを受け、少なくとも1頭のサイの子どもが殺され、もう1頭は傷の程度がひどいため安楽死させなければなりませんでした。

南部アフリカ地域ディレクターのジョゼフ・オコリ博士は、孤児保護施設とそのスタッフや飼育員への襲撃は衝撃的で悲劇的だと言います。

「母親が密猟者に殺されるのを見たトラウマに耐えてきたサイの子どもの避難所にもなっているこのような施設への襲撃は、犯罪者がサイの角を求めてここまでやるのかと、見せつけられた思いです」とオコリは言います。

「サイの密猟という惨劇の小さな被害者をスタッフが辛抱強く養育しようとしているスーラ・スーラのような攻撃されやすい場所を犯罪者が選んだということが一層衝撃的です。」

Press Location: 
南アフリカ、ケープタウン
Press Contact
Press Contact: 
クリスティーン・プレトリウス(IFAW南部アフリカ)
Contact phone: 
+27 (0)82 330 2558
Contact email: 

衝撃的な映画によりロシアのシロイルカの残酷な取引の実態が明らかに

Publication Date: 
Feb 22 2017
Thumbnail: 
Image: 

国際動物福祉基金(IFAW)は、水族館や巡業公演向けに売るために野生で捕獲されたロシアのベルーガイルカ(シロイルカ)の残酷な取引を非難します。人間の娯楽の犠牲となるシロイルカの深い苦しみが、衝撃的な1本の新しい映画によって明らかになりました。

IFAWは、水族館に販売するためロシア極東のオホーツク海で捕獲された18頭のシロイルカの運命をたどった痛烈なドキュメンタリー映画「Born to be Free(自由になるために生まれた)」の公開に先駆けて、シロイルカなどクジラ目の野生での捕獲と取引を禁止するようロシア政府に求めています。

このような調査をロシアで初めて紹介したこの映画は、これまで公表されてこなかった、海洋哺乳類の時には怪しげな国際取引に光を当てています。サプライチェーンのあらゆる面を調査し、犠牲となった動物の捕らわれの生活の痛ましい実態を明らかにしています。

IFAWのロシア事務所長、マーシャ・ヴォロンツォワは言います。「シロイルカはとても複雑で社会的な家族構成をもつ非常に知能の高い動物です。シロイルカやクジラ種はすべて、捕らわれの生活には向かず、野生で生息すべきとIFAWは考えます。」

「世界センザンコウの日」にセンザンコウを保護

Publication Date: 
Feb 16 2017
Thumbnail: 
Image: 

2月18日は「世界センザンコウの日」です。小さくてウロコに覆われたセンザンコウは世界で最も違法取引されている哺乳類で、絶滅の危機にあります。防護具となるウロコをもつセンザンコウは、かつてアジアとアフリカの広範囲に生息していましたが、東アジアで薬として治療効果があるとされるウロコと、ステータスシンボルとして高く評価される肉の需要が増大したために、個体群は大幅に減少しています。

国際動物福祉基金(IFAW)が分析したデータによると、昨年、膨大な数のセンザンコウのウロコと肉が、供給国、中継国、そして消費国で押収されました。昨年の夏、香港ではカメルーン、ナイジェリア、ガーナからの3件の別々の押収で13.4トンのセンザンコウのウロコを押収しました。12月には、中国が過去最大のセンザンコウのウロコの積荷(ナイジェリアからの3.1トン)を押収し、マレーシアはコンゴ民主共和国から輸送中の2.9トンを押収しました。

Press Location: 
米ワシントンD.C.
Press Contact
Press Contact: 
アビー・コーエン(ザ・ローゼン・グループ)
Contact phone: 
+1 (646) 695-7044
Contact email: 

Our response to scholars’ call to have animal welfare ethics taught in French schools

Mar 6 2017
Animal Action Education has reached 5 million children worldwide on the power of

Animal Action Education has reached 5 million children worldwide on the power of humane education, proven by research.I have a very vivid memory of the day my literature professor settled the fundamental question of the difference between animals and humans: Animals do not have consciences.