Spotlight Russia: Amur tiger Zolushka doing well after release back into the wild

Tue, 01/28/2014
Spotlight Russia: Amur tiger Zolushka doing well after release back into the wil

For those who have been following the story of Zolushka, an orphaned Amur tiger rehabilitated and released back to the wild last May with a GPS collar that also transmits a VHF radio signal, a recent report has come in from our colleagues in the Russian Far East.

Help us protect elephants by supporting our UK ivory surrender

Tue, 01/28/2014
Help us protect elephants by supporting our UK ivory surrender

Everyone can help by encouraging friends, family and colleagues to surrender any ivory items in support.This is an exciting time for us, as in mid-February, London will be the centre of attention as it hosts some unprecedented events aimed at tackling the elephant poaching crisis and other issues affecting the planet’s wildlife.

Rocker Matt Sorum “For the Wild Ones”

Mon, 02/03/2014
Matt Sorum. c. Eric Hobbs

Matt Sorum. c. Eric HobbsAnimal welfare is one of my greatest passions. I’m proud to dedicate more of my time these days to learn about the issues and make a difference as much as I can.

ナイロビで象牙押収

Publication Date: 
Tue, 01/21/2014
Thumbnail: 
Image: 

野生生物保護・管理法案2013が成立したばかりのケニアで、2日間に2つの別々の事件で中国人2人が象牙所持により逮捕されました。

2人が有罪となれば、新しい法律に基づき高額な罰金と厳しい実刑判決を受けることになります。

象牙所持に対する以前の罰金は最大30,000シリング(350米ドル)で、象牙の価値と比較すると決して抑止力となるようなものではありませんでした。新法案は絶滅危惧種への攻撃に対する刑罰を厳しくしました」と国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)東アフリカ地域事務局のプログラム部長、スティーブ・ニュンビは言います。

Press Location: 
ケニア、ナイロビ
Press Contact
Press Contact: 
ジャクリーン・ニャガ(IFAW東アフリカ)
Contact phone: 
+254 20 3870540
Contact mobile: 
+254 722 607 640
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

欧州議会で野生生物犯罪をなくすための決議が可決される

Publication Date: 
Wed, 01/15/2014

欧州議会で今日、野生生物犯罪に関するEU決議案が可決されました。この決議案に沿えば、EUは生物学上、世界で最も悪質な悲劇との闘いの最前線に立つことになります。野生生物製品の違法取引は190億米ドルに上ると推定されます。世界の違法行為の中で 麻薬、偽造品、人身売買に次いでその利益の多さは4番目です。

国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)は欧州議会による今回の採決を歓迎します。

「欧州議会は欧州委員会及び加盟諸国に対し、野生生物犯罪という世界的な惨事と闘うために信託基金を設けて行動計画を立てる、という明確な指令を出しました」とIFAWのEU政策担当のサティエンシンハは言います。「今回の決議は近年の密猟の急増を受けて実現しました。これまでに数多くの野生生物製品という代償を払いましたが、それは殺された動物の体重相当の金よりも価値があります。」

Press Location: 
ベルギー、ブリュッセル
Press Contact
Press Contact: 
アドリアン・ヒール(IFAW EU)
Contact phone: 
+32(0)473 86 34 61
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

IFAW、西アフリカで数少ないマルミミゾウを救う巨大プロジェクトを請け負う

Publication Date: 
Fri, 01/10/2014
Thumbnail: 
Image: 

西アフリカの国コートジボワールで今月、死が目前に迫っている非常に希少性の高いマルミミゾウ(Loxodontacyclotis)十数頭が保護地区に移送されることになりました。コートジボワール政府は国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)に対し、この地域における人間対ゾウの衝突の激化に実行可能な解決策を探るよう要請しました。

IFAWのチームはゾウを追い立て、麻酔銃を打って捕獲し、トラックに乗せて、400キロメートル離れたアザニー国立公園まで運びます。この大規模な作戦は1月19日に始まり、月末まで続きます。彼らの動きを追跡し進展を監視するために、最長2年間3頭のゾウにGPSを装着します。

コートジボワールには、西及び中央アフリカの数カ国にしか生息しないマルミミゾウの最後の生き残りが一部生息しています。個体群の存続には各個体が不可欠です。

Press Location: 
フランス、ランス
Press Contact
Press Contact: 
マイケル・ブース(IFAW、現地)
ケリー・ブラノン(IFAW本部)
Contact phone: 
+1 (508) 648 2802
+1 (508) 744-2068
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

国際社会が中国の象牙破壊を歓迎

Publication Date: 
Mon, 01/06/2014
Thumbnail: 
Image: 

中国政府は今日、広東省東莞市において、野生生物の違法取引をなくすための象徴的な行為として、押収した象牙と象牙製品6トン以上を粉砕しました。

国際社会は中国による押収象牙の粉砕を歓迎しています。「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)」、通称ワシントン条約や、世界税関機構、在中国米国大使館、また国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)などの国際保護団体からの代表者らが象牙の破壊に立ち会いました。

「中国政府が象牙の違法取引を終わらせるための国際的な取り組みに加わったことを大変喜んでいます。押収した違法な象牙を粉砕する決定は画期的な決断で、世界に向けた強力なメッセージとなります」とIFAWのCEO、アズディン・ダウンズは言います。ダウンズは最近米国で行われた在庫象牙の破壊に立ち会いました。

Press Location: 
中国、北京
Press Contact
Press Contact: 
サブリナ・ツァング(IFAW中国)
シンシア・カーソン(IFAW US)
Contact phone: 
+86 10 64402960
202-536-1921
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>