High-Value Wildlife Sales Fueling State Corruption, Terrorism, and Wars Globally

Publication Date: 
februari 25, 2014
Thumbnail: 
High-Value Wildlife Sales Fueling State Corruption, Terrorism, and Wars Globally
Image: 
High-Value Wildlife Sales Fueling State Corruption, Terrorism, and Wars Globally

A new study published in the journal Biological Conservation describes the trafficking of wildlife and their products as one of the most profitable and attractive of all the illicit trades, possibly surpassed only by the trafficking of arms and drugs.

Press Location: 
Washington, DC
Mediacontact
Internetbankieren
Mediacontact: 
Christina Pretorius (Wildlife Trade Programme)
Kelvin Alie (IFAW DC)
Leo R Douglas
Contact phone: 
+27 21 701 8642
+1 (202) 536 1905
+1 (876) 807-4971
Mobiele telefoon: 
+27 82 330 2558

Slowing down for whales saves lives

februari 25, 2014
Slowing down for whales saves lives
Slowing down for whales saves lives

I remember as a child walking through my father’s work complex as he guided me to the nests of several Canadian geese to see the newly hatched chicks. There were no sidewalks, so we walked on the road and along the grass. The speed limit signs read 20 miles per hour. Whether trying to encourage caution, or simply as an interesting scientific fact (he is an engineer after all), he told me that those specific speed limits are put in place to reduce the risk of death to people accidentally hit by passing cars.

Wildlife: The natural resource of choice for some insurgent groups

februari 25, 2014
Wildlife: The natural resource of choice for some insurgent groups
Wildlife: The natural resource of choice for some insurgent groups

A recent article I co-authored explains how many criminal networks now derive regular and substantial profits from the illegal trafficking of wildlife and their products to fund their activities.

Why?

Es gibt keine Tiere "im Überschuss"

februari 18, 2014
Es gibt keine Tiere "im Überschuss"
Es gibt keine Tiere "im Überschuss"

Eine junge Giraffe namens Marius wurde erschossen, zerteilt und an die Löwen im Zoo von Kopenhagen verfüttert, weil sie als „überschüssig“ galt. Dies ist üblich in den Zoos weltweit. Es ist einer der Gründe, warum der Ansatz des IFAW nicht den Arterhaltungs-programmen entspricht, die auf Zucht in Gefangenschaft basieren.

Location: 

Petition Threatens Right Whale Conservation

Publication Date: 
februari 25, 2014
Thumbnail: 
Petition Threatens Right Whale Conservation
Image: 
Petition Threatens Right Whale Conservation

Five years after it was first imposed by the Bush-Cheney administration, one of the most effective rules protecting endangered North Atlantic right whales migrating along the East Coast of the United States from fatal ship strikes may now be in jeopardy.  The Obama Administration has begun consideration of petition to exclude waters – from New York City to Jacksonville, Florida – from the Ship Strike Rule requiring large vessels to slow to 10 knots in critical habitat areas.

Press Location: 
Washington, DC
Mediacontact
Internetbankieren
Mediacontact: 
Cynthia Carson (IFAW DC)
Contact phone: 
202-536-1921
Mobiele telefoon: 
202-210-3094
Contact email: 

WATCH: amazing move of four forest elephants in Cote d'Ivoire

februari 25, 2014

A month ago in Western Africa we began our jumbo mission to take four elephants which were in conflict with the rural communities of Daloa, the third-largest city in Ivory Coast, and transfer them to Azagny National Park.

野生生物違法取引に関するロンドン・サミットに先立ち、英国民がゾウを護るために差し出した象牙製品を粉砕処分

Publication Date: 
februari 10, 2014
Thumbnail: 
Image: 

ゾウに死をもたらす象牙取引への関心を高め、ゾウ保護の支持を表明するために、1本まるごとの象牙から彫刻品、宝飾品まで何十点という象牙製品が今日、ロンドンにおいて、大胆な方法で粉砕されます。

実に15分毎に1頭の割合でゾウが象牙目的で殺されています。毎年25,000頭から最大50,000頭のゾウが象牙のために殺されていると推定されます。

今日午後2時から国会議事堂隣のヴィクトリア・タワー・ガーデンで開催される粉砕イベントで粉砕するために、国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)のもとには国民から不要な象牙製品が多数寄せられています。

寄付された象牙を市場に流通させないことと同時に、ゾウに対する国民の支援を象徴し、密猟問題の対策強化を求めるために、IFAWは木曜日(13日)に首都ロンドンで開催される野生動植物違法取引に関する高官レベルの国際会議の前に、このイベントを開催します。

Press Location: 
英国、ロンドン
Mediacontact
Internetbankieren
Mediacontact: 
クレア・スターリング(IFAW UK)
アマンダ・ゲント (IFAW UK)
Contact phone: 
+44 (0)20 7587 6708
+44 (0)20 7587 6725
Mobiele telefoon: 
+44 (0)7917 507717
+44 (0)7860 755876
Legacy Import Data
Internetbankieren
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

アイスランドの捕鯨に米国政府が行動を起こす

Publication Date: 
februari 6, 2014
Thumbnail: 
Image: 

米国政府は今日、クジラの虐殺と鯨肉取引を続けるアイスランドが「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)」、通称ワシントン条約の効果を減殺していることを認め、ペリー修正法を発動すると発表しました。

最初の申立人の一人である国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)は、アイスランドの捕鯨がワシントン条約の効果を減殺していることを認めた米国のサリー・ジュエル内務長官を高く評価します。

「米国政府が正式に認めたことを大いに喜んでいます」と米国キャンペーン部長、ベス・オルグッドは言います。「オバマ大統領がこれをきっかけに、アイスランドが永久的にナガスクジラ猟を行えなくなるよう、断固たる行動をとることを願っています。」

オバマ大統領は60日以内に正式な回答を発表することになりますが、その中にはクジラ製品の取引に携わるアイスランド企業に対して経済制裁を加える選択肢も含まれます。

アイスランド唯一の捕鯨業者クリスチャン・ロフソンは、3年間の休止を経て昨夏絶滅危惧種のナガスクジラ猟を再開し、シーズン終了までに134頭を捕殺しました。

Press Location: 
米国、ワシントンD.C.
Mediacontact
Internetbankieren
Mediacontact: 
シンシア・カーソン(IFAW DC)
Contact phone: 
202.536.1921
Contact email: 
Legacy Import Data
Internetbankieren
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

欧州初、フランスで違法象牙3トンを処分

Publication Date: 
februari 6, 2014
Thumbnail: 
Image: 

仏政府は今朝、昨年12月のエリゼ・サミットでホランド大統領が約束したとおり、過去20年間に押収した違法象牙3トンを破壊しました。象牙の破壊はフィリップ・マルタンエコロジー・持続可能な開発・エネルギー大臣及び地球保護共和国(Republic for the Protection of the Planet)大統領特使、ニコラス・ヒュロット氏立ち会いのもと、エッフェル塔近くで実行されました。

この象牙の在庫は主にシャルル・ド・ゴール空港の税関で押収されたもので、象牙698本、象牙の彫刻品15,357点など推定100万ユーロ相当になります。2012年だけでフランス税関は57回の捜査を実施し、主にコンゴ、ナイジェリア、ギニアから密輸された346点の未加工象牙または彫刻した象牙を押収しました。

「今回の思い切った非常に象徴的な行動は、象牙の違法取引そして野生生物に対するあらゆる犯罪に立ち向かう仏政府の決意を表しています。仏大統領は密売業者と消費者の双方に向けて、環境上のリスクだけでなく、安全保障上のリスクに関しても、明確なメッセージを送っています」とIFAWのフランス・フランス語圏アフリカ事務所長、セリーヌ・シスラー‐ビアンヴニュは説明します。

Press Location: 
フランス、ランス
Mediacontact
Internetbankieren
Mediacontact: 
セリーヌ・シスラー・ビエンヴニュ(IFAWフランス)
Mobiele telefoon: 
+33 (0)6 17 56 10 74
Contact email: 
Legacy Import Data
Internetbankieren
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

ゾウを虐殺から護るため、所有する象牙の放棄、破壊処分を英国民に呼び掛ける

Publication Date: 
januari 28, 2014
Thumbnail: 
Image: 

象牙の違法取引に対する認識を高めてゾウの保護強化につなげるために、英国民は粉砕処分する不要な象牙製品を提供するよう求められています。

国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)は、2月13日に首都ロンドンで開催される野生生物違法取引に関する高官レベルの国際会議に先立ち、密猟問題に注目を集めるためにロンドンの中心部で象牙の公開破壊を行います。

英国政府、チャールズ皇太子及びケンブリッジ公が主催するこの会議には約50カ国の政府高官が参加する予定で、ゾウ、トラ、サイ、その他の動物を護るために行動するよう世界の指導者たちに働き掛けることのできる、またとない機会となります。

15分毎に1頭のゾウが象牙目的で殺されています。毎年25,000頭から最大50,000頭のゾウが象牙のために殺されていると推定されます。

Press Location: 
英国、ロンドン
Mediacontact
Internetbankieren
Mediacontact: 
アマンダ・ゲント (IFAW UK)
Contact phone: 
+44 (0)207 587 6725
Mobiele telefoon: 
+44 (0)7860 755876
Contact email: 
Legacy Import Data
Internetbankieren
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>