After 10 years of the Hunting Act, hunters continue to flout the law

Publication Date: 
februari 17, 2015
Thumbnail: 
After 10 years of the Hunting Act, hunters continue to flout the law
Image: 
After 10 years of the Hunting Act, hunters continue to flout the law

As the Hunting Act reaches its 10th anniversary today (Wed), the International Fund for Animal Welfare (IFAW) calls for better enforcement to deal with hunters who continue to flout the law so they can chase or kill British wildlife for fun.

IFAW, along with other groups, successfully campaigned for a ban on the cruel ‘sport’ of hunting foxes, stags and hares with a pack of hounds and continues to monitor hunts to gather evidence of suspected illegal activity.

Press Location: 
London, UK
Mediacontact
Internetbankieren
Mediacontact: 
Clare Sterling (IFAW UK)
Contact phone: 
020 7587 6708
Mobiele telefoon: 
07917 507717
Contact email: 

WATCH: Captured tigress goes back to the wild

februari 17, 2015
Valentines Day heralded freedom for the tigress that was trapped in the fringe v

Watch how the tigress dashes out of her crate and lets out a big roar.

The dawn of Valentines Day heralded freedom for a tigress that was trapped in the fringe villages of Kaziranga National Park on 7th February 2015. Last weekend, she was released in the wilderness near a forest camp in the central range of the park.

VIDEO + FOTO’S: waarom zijn natuurreservaten zo belangrijk voor Russische tijgers?

februari 13, 2015
Cinderella. © Bastak Nature Reserve

Cinderella. © Bastak Nature Reserve

Een paar dagen geleden ontvingen we nieuws over twee vrouwelijke Amoertijgers tegelijk: Cinderella en Ilona.

De mogelijkheden van de moderne techniek doen me nog steeds versteld staan.

Location: 

欧州委員会がEUのアザラシ製品禁輸の修正版を発表

Publication Date: 
februari 6, 2015

欧州委員会は今日、欧州連合(EU)のアザラシ製品禁輸の修正版を発表しました。EUのアザラシ製品禁輸は、世界貿易機関(WTO)上級委員会の先の判決結果を踏まえて修正する必要がありました。国際動物福祉基金(IFAW)は、今回の修正がカナダとグリーンランドのイヌイットの人々が伝統的な猟によるアザラシ製品を販売する権利を維持しながら、EUのアザラシ製品禁輸の効果も維持していることに満足しています。

「今日はEUの政治にとってもアザラシにとっても良い日です」とIFAWのEU地域事務局長、ソニア・ヴァン・ティシェレンは言います。「欧州委員会は、何百万人もの欧州の人々の動物福祉及び虐待に対する懸念を反映した措置を取っただけでなく、欧州やその他の先住民にとって公平であるよう修正しました。今回の提案にとても満足しています。」

Press Location: 
ベルギー、ブリュッセル
Mediacontact
Internetbankieren
Mediacontact: 
アドリアン・ヒール(IFAW EU)
Contact phone: 
+32(0) 473 86 34 61
Contact email: 
Legacy Import Data
Internetbankieren
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

南アフリカ:サイの密猟数が急増

Publication Date: 
januari 22, 2015
Thumbnail: 
Image: 

南アフリカ政府は本日、昨年過去最高の1,215頭のサイが殺されたという衝撃的な数字を発表しました。これは2013年から約21パーセントの増加です。

「これらの数字は世界への警告です。サイが生息する野生でサイを保護する闘いに負けるわけにはいきません。もっとうまくできる方法があるはずですし、それをしなくてはいけません」と国際動物福祉基金(IFAW―www.ifaw.org)の南アフリカ地域事務局長、ジェイソン・ベルは言います。

サイの角の違法取引は中国やベトナムに需要があることがその要因となっており、投資目的や治癒力があるという間違った考えによって価格が高騰し、密猟の増加につながっています。

南アフリカは、サイを安全と思われる「拠点」に移動させて救おうと計画していますが、各国政府がサイの角の取引の連鎖を断ち切るための投資を増加しなければならないとベルは主張します。

Press Location: 
南アフリカ、ケープタウン
Mediacontact
Internetbankieren
Mediacontact: 
クリスティーナ・プレトリウス(IFAWアフリカ南部)
Contact phone: 
+27 21 701 8642
Contact email: 
Legacy Import Data
Internetbankieren
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>