韓国が調査捕鯨ではなく非致死的な方法でクジラの研究を行うことを確認

Publication Date: 
Tue, 01/08/2013
Thumbnail: 
Image: 

 

韓国が、残酷ないわゆる調査捕鯨の代わりに非致死的な方法でクジラの研究を行う予定であることが確認されました。

今年7月にパナマのパナマシティで開催された国際捕鯨委員会(IWC)で韓国政府がいわゆる調査捕鯨活動を始める意向を発表した後、IFAWの支援者を含む何万人もの人々が世界中から韓国政府に抗議のメールを送りました。

正式な申し込みの提出期限の12月3日を過ぎても韓国政府から公式の発表はありませんでしたが、韓国が代わりに非致死的な調査方法を選択したことをIWCは公式に確認しました。

Press Location: 
英国、ロンドン
Press Contact
Press Contact: 
クレア・スターリング(IFAW UK)ーリング(IFAW UK)
Contact phone: 
+44 (0)20 7587 6708
Contact mobile: 
+44 (0)7917 507717
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

日本の捕鯨船団が南極海へ向けて出航

Publication Date: 
Fri, 12/28/2012
Thumbnail: 
Image: 

 

日本の捕鯨船団が約1,000頭のクジラを捕殺するために南極海へ向けて出航しました。

日本政府が税金をより有益なホエールウォッチング産業ではなくこの不要な虐殺に投入し続けていることに国際動物福祉基金(IFAW www.ifaw.org)は落胆しています。

日本の報道によると、日本の捕鯨船団は国際的な世論や法律に反し、ミンククジラ935頭と絶滅危惧種ナガスクジラ50頭を捕殺するために南氷洋サンクチュアリに向かっています。老朽化した捕鯨船によるこの活動の継続に日本政府は年間何百万ドルもの税金を投入しています。

日本は商業捕鯨が世界的に禁止されているにもかかわらず、南極海でいわゆる調査捕鯨を続けています。IFAWは、日本の捕鯨活動は非科学的であり、単に呼び名を変えただけの商業捕鯨と考えています。

IFAWの国際クジラプログラム部長、パトリック・ラマージは言います。「日本政府は、衰退しつつある捕鯨産業を破綻させないために震災復興予算や税金を無駄使いして、国益を損なっています。」

Press Location: 
英国、ロンドン
Press Contact
Press Contact: 
クレア・スターリング(IFAW UK)
Contact phone: 
+44 (0)20 7587 6708
Contact mobile: 
+44 (0)7917 507717
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

IFAW、アゼディーン・ダウンズを新しい代表/CEOに任命

Publication Date: 
Fri, 12/14/2012
Thumbnail: 
Image: 

 

国際動物福祉基金(IFAW www.ifaw.org)の理事会は今日、2013年1月1日付でアゼディーン・ダウンズ氏がIFAWの新しい代表/CEOに就任することを発表しました。

「ダウンズ氏が承諾してくださったことを私たちは嬉しく思っています」と理事長のキャサリン・サヴェスキは言います。「アゼディーンは今まで副代表として長年、IFAWを率いてくれました。これからもIFAWの成長と発展のため指導力を発揮してくれるであろう彼の代表への昇進は自然な成り行きです。」

アゼディーンは1997年に副代表に就任して以来、IFAWに対して戦略的なアドバイスや指導力を提供してきました。その間、IFAWは信念を持った人々の小さな集団から世界クラスの動物福祉団体に成長し、今では世界40カ国以上で動物の救援・保護活動を行っています。

またアゼディーンはドバイにUAE事務所を設立して3年間運営し、そこでIFAW 野生生物取引防止訓練プログラムを計画・導入し、今日までに30カ国1,600名以上の取締官が訓練を受けました。

Press Location: 
米マサチューセッツ州、ヤーマスポート
Press Contact
Press Contact: 
ショーナ・ムース (IFAW本部)
Contact phone: 
+1-508-744-2184
Contact mobile: 
+1-508-367-7037
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

韓国が残酷な捕鯨計画を遂行せず賞賛される

Publication Date: 
Wed, 12/05/2012
Thumbnail: 
Image: 

 

韓国は国際社会の激しい抗議を受けて、捕鯨を再開する計画を断念しました。

今年7月にパナマのパナマシティで開催された国際捕鯨委員会(IWC)で韓国政府がいわゆる調査捕鯨活動を始める意向を発表した後、IFAWの支援者を含む何万人もの人々が世界中から韓国政府に抗議のメールを送りました。

正式な申し込みの提出期限は12月3日でしたが、韓国政府から公式な発表はありませんでした。IFAWが調べたところ、韓国は代わりに非致死的な調査方法を選択したようです。

IFAWの国際クジラプログラム部長、パトリック・ラマージは言います。「韓国政府が下した正しい判断は評価されるべきです。調査と称する捕鯨活動は不必要であり、この21世紀に商業目的のためクジラを捕殺することは倫理的・生態的・経済的にもメリットなどないことは証明されています。」

「韓国が領海内で最先端の非致死的なクジラの調査を開始するのであれば、私達はあらゆる適切な方法で支援します。」

Press Location: 
英国、ロンドン
Press Contact
Press Contact: 
クレア・スターリング(IFAW UK)
Contact phone: 
+44 (0)20 7587 6708
Contact mobile: 
+44 (0)7917 507717
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

日本の捕鯨への支持が下がり鯨肉の需要も減少

Publication Date: 
Tue, 11/27/2012
Thumbnail: 
Image: 

今もって毎年何千頭ものクジラが商業目的で捕殺されているにもかかわらず、日本では鯨肉の消費も捕鯨に対する支持も驚くほど低いことが、今日発表された国際動物福祉基金 (IFAW) の世論調査によって明らかになりました。

 

IFAWが委託した日本リサーチセンターの調査によると、88.8%の日本人は過去12ヶ月間に鯨肉を全く購入していない一方で、捕鯨を支持する人は27%にとどまり、捕鯨に賛成すると答えた人はわずか11%でした。

 

世代別では、捕鯨を支持する人が最も少なかったのは15〜19歳で、支持率は2.6%、逆に最も多かったのは60〜69歳で18.6%でした。

 

Press Location: 
東京
Press Contact
Press Contact: 
クレア・スターリング(IFAW UK)
パトリック・ラマージ (IFAW本部)
Contact phone: 
+44 (0)20 7587 6708
+1 508 744 2071
Contact mobile: 
+44 (0)7917 507717
1 508 776 0027
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

香港で2度目の大規模な象牙の押収

Publication Date: 
Fri, 11/16/2012
Thumbnail: 
Image: 

 

本日香港で1.3トンもの大量の象牙が押収され、香港で押収された違法象牙の合計は、わずか4週間以内で5トン以上になりました。

10月20日に香港当局は、過去2年間で世界最大となる3.81トンの記録破りの象牙を押収しました。この象牙はケニアとタンザニアから出荷されました。

「IFAWは象牙を押収した中国当局を称賛しますが、中国での需要をなくしてゾウの殺害を阻止することで、象牙が絶対に市場に届かないようにする必要があります。ゾウが生息する国々は、ゾウがまだ野生にいるうちに保護するための訓練、装備、知識が必要です」と国際動物福祉基金(IFAW- www.ifaw.org)の野生生物違法取引防止プログラム部長、ケルヴィン・アリーは言います。

Press Location: 
南アフリカ、ケープタウン
Press Contact
Press Contact: 
クリスティーナ・プレトリウス(IFAWアフリカ南部)
アドリアン・ヒール(IFAW EU)
ジェフ・ヒー (IFAWアジア)
Contact phone: 
+27 21 701 8642
+32 (0)473 86 34 61
+86 139 0120 5447
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

Close call for a starving grizzly bear cub, rescued in the nick of time

Sun, 01/20/2013
"Tika" the orphaned bear cub recuperates at NLWS. Photo by IFAW-NLWS/P.Langen

"Tika" the orphaned bear cub recuperates at Northern Lights Wildlife Society .  Photo by IFAW-NLWS/P.Langen"We don’t know what happened to his mother. We don’t know how long he’s been alone. But it’s obvious he’s had a rough time out in the wilds all by himself.

What a sorry sight.

Arizona

Summary: 

It is lawful to possess a big cat with a permit in Arizona. Arizona law classifies big cats as restricted wildlife, which means big cats may be possessed only with a Wildlife Holding Permit. Under this permit, private possession of big cats is authorized for the following purposes only: the advancement of science, wildlife management, or promotion of public health or welfare; educational display; to photograph for a commercial purpose live wildlife that is already lawfully possessed; or to personally possess a big cat if the animal is permanently disabled and will not meet its needs in the wild. This permit will issue only if possession is in the best interest of the wildlife and does not pose a threat to public health or safety. Other permits relating to possession of big cats include the Scientific Collecting Permit, Wildlife Rehabilitation License, Wildlife Service License, and Zoo License.

Classification: 
Permit
Color: 
blue

Banding together to ban trophy hunting

Fri, 01/18/2013
African lion on the savannah

An African lion on the savannah.Countries worldwide are noticing the detrimental effects trophy hunting has on already decimated wildlife populations.

Last month, Zambia’s Minister of Tourism and Arts, Sylvia T. Masebo, announced that specific hunting licenses would be suspended as they had “been abused to the extent they threatened animal populations.”

Update bosbranden Australië: het verlies in Tasmanië is onbeschrijfelijk

Mon, 01/14/2013
Het verlies in Tasmanië is overweldigend.

Het verlies in Tasmanië is overweldigend.

Op zondag 13 januari reed een team van het IFAW naar de rand van een brandhaard in Dunalley in het zuidoosten van Tasmanië om de omvang en de ernst van de schade aan het landschap, woongemeenschappen en de natuur te zien.

De Arthur Highway was een dag eerder opengesteld voor bewoners en bedrijven, vandaag mochten wij ook naar binnen.