BREAKING: Rehabbed Amur tigers have at least one cub

May 8 2017
The tiger cub behind a still-collared Svetlaya is the latest evidence that rehab

The tiger cub behind a still-collared Svetlaya is the latest evidence that rehabilitated Amur tigers can be returned to the wild and produce offspring.Camera traps installed in the Zhuravliny Reserve Sanctuary have revealed that Borya and Svetlaya’s continuing relationship in the wild has resulted

Nieuwe radioapparatuur voor Massaï in Amboseli

May 3 2017
De veiligheid van de olifanten van Amboseli is verbeterd, dankzij de nieuwe comm

De veiligheid van de olifanten van Amboseli is verbeterd, dankzij de nieuwe communicatieapparatuur die door het IFAW aan de Massaï is geschonken.

Location: 

IVORY IN EUROPE: China asks the EU to take credible steps to ban ivory trade

May 8 2017
IVORY IN EUROPE: China asks the EU to take credible steps to ban ivory trade

Ms Catherine Bearder (ALDE) on behalf of MEP4Wildlife, the coalition of Members of the European Parliament established in February 2015 as a cross-party interest group at the European Parliament campaigning for the EU to step up the fight against wildlife crime, recently met with the Chinese Mission in Brussels to discuss the Chinese ivory ban.

アイスランドでミンククジラの捕鯨期が開始予定

Publication Date: 
Apr 13 2017
Thumbnail: 

アイスランドではミンククジラの捕鯨期が近く始まる見通しです。クジラはレストランやスーパーマーケットで販売されるために残酷な方法で捕獲されます。

アイスランドが独自に設定した毎年のミンククジラの捕獲枠は224頭ですが、通常はこの枠のごく一部しか捕獲されません。近年捕獲されたミンククジラの数は年24~30頭でしたが、昨年は46頭のミンククジラが捕獲されました。

レイキャビクに近いファクサフロイ湾は、クジラが豊富でホエールウォッチングが盛んな地域ですが、アイスランドのミンククジラ猟もほとんどここで行われています。つまり、ホエールウォッチャーがいつも見ている「好奇心の強い」ミンククジラが、おそらく捕鯨業者に狙い撃ちされているのです。

国際動物福祉基金(IFAW)は、ファクサフロイ湾にクジラとホエールウォッチングを保護するクジラ・サンクチュアリを設定することをアイスランド政府に要請しています。昨年の夏、観光客とアイスランド人に鯨肉を食べないよう勧めるIFAWの請願書への署名は、目標の100,000件以上を達成しました。

Press Location: 
英国ロンドン
Press Contact
Press Contact: 
クレア・スターリング(IFAW UK)
Contact mobile: 
+44 (0)7917 507717
Contact email: 

中国が象牙工場と販売店の3分の1を閉鎖

Publication Date: 
Mar 29 2017
Thumbnail: 

中国は今週中に60カ所以上の象牙加工工場と販売店を閉鎖し、2017年に国内象牙市場を閉鎖するとした約束を履行する見込みです。これに伴い、国際動物福祉基金(IFAW)は以下の声明を発表しました。

「中国の約束は実現されようとしています。中国が象牙加工工場と販売店の3分の1を閉鎖するという重要な一歩を踏み出したことを誇らしく思い、これがゾウの未来に希望を与えてくれると信じています。象牙取引が歴史の1ページに追いやられるときにやっとゾウが平和に暮らせるようになるのではないでしょうか」とIFAWのアジア地域支局長、グレース・ゲ・ガブリエルは言います。

IFAW(国際動物福祉基金)について

Press Location: 
米ワシントンD.C.
Press Contact
Press Contact: 
ケリー・ブラノン(IFAW本部)
サブリナ・ツァング (IFAW中国)
Contact phone: 
+1 (508) 744-2068
+86 106 44 02960

専門家パネルが日本の「調査」捕鯨をさらに批判

Publication Date: 
Apr 3 2017
Thumbnail: 

日本は『科学的調査』のためにクジラを殺す必要がないと考える国際的な専門家たちから、日本のいわゆる調査捕鯨がさらなる批判を受けています。

今日発表された報告書で、国際捕鯨委員会(IWC)の科学委員会に任命された専門家パネルは、日本のクジラの『致死的調査』は正当化されないという判断を下しました。この発表は、日本の捕鯨船団が南極海の『NEWREP-A』捕鯨プログラムの一環として捕獲枠上限の333頭のミンククジラを捕獲して帰港したわずか3日後に行われました。

「つまり、また別の科学専門家パネルが日本の致死的調査計画は科学的成果をもたらすことを証明できていないと判断したということです。日本がこのような圧倒的な反対にもかかわらず捕鯨計画を実行し続けるならば、反捕鯨国は再度、日本に国際法の順守を求める必要があるかもしれません」と国際動物福祉基金(IFAW)の国際環境条約部長代行、マシュー・コリスは言います。

Press Location: 
東京
Press Contact
Press Contact: 
クレア・スターリング(IFAW UK)
ケリー・ブラノン(IFAW US)
Contact phone: 
+44 (0)20 7587 6708
+1 (508) 744-2068
Contact mobile: 
+44 (0)7917 507717

DFOが商業アザラシ猟を早期再開、母親と授乳中の赤ちゃんの数少ない保護策を取り消す

Publication Date: 
Mar 28 2017
Thumbnail: 

国際動物福祉基金(IFAW)は、カナダ水産海洋省(DFO)が商業アザラシ猟を今年は早期に開始し、タテゴトアザラシの赤ちゃんがまだ授乳中にアザラシ猟を許可することに失望しています。昔からニューファンドランド沖の猟は毎年、母親が赤ちゃんを出産して混乱なく子育てできるように、4月中旬まで禁止されています。この例年の禁止は、海氷に依存するこの種のために実施されている数少ない保護策の一つです。

報道によると、猟の早期開始の対象となるのは選ばれた猟師のグループだけで、標的となるのはオスの成獣のタテゴトアザラシです。しかし、離れた場所から成獣のオスのタテゴトアザラシとメスを見分けることは事実上不可能で、この条件がどのように履行されるのかもあいまいです。赤ちゃんが離乳する前に例年の虐殺を開始すれば、子育て中のメスが殺されるリスクが増え、赤ちゃんは餓死してしまいます。また、この時期に猟をすることは交尾も妨害することから、タテゴトアザラシの次世代を危険にさらす可能性もあります。

Press Location: 
カナダ、オンタリオ州オタワ
Press Contact
Press Contact: 
レス・クレブス(IFAWカナダ)
Contact phone: 
(416) 669-3459
Contact email: 

US Congress keeps some conservation funding alive…for now

May 5 2017
IFAW’s marine mammal stranding rescue and research program relies heavily on Pre

IFAW’s marine mammal stranding rescue and research program relies heavily on Prescott grants which have been spared in the recent bipartisan compromise to keep the government funded through September.Congress has reached a deal to keep federal agencies funde

US Congress keeps some conservation funding alive…for now

May 5 2017
IFAW’s marine mammal stranding rescue and research program relies heavily on Pre

IFAW’s marine mammal stranding rescue and research program relies heavily on Prescott grants which have been spared in the recent bipartisan compromise to keep the government funded through September.Congress has reached a deal to keep federal agencies funde