VIDÉO : En Russie, des ours recueillis bébés sur le chemin de la liberté

Mayo 13, 2014

Dans la vidéo ci-dessus, vous pouvez voir certains des adorables oursons soignés par les membres du Centre de sauvetage des ours d’IFAW en Russie. L’article ci-dessous a été rédigé par Mila Danilova, membre de l’équipe du bureau d’IFAW en Russie. -Maria N. Vorontsova

~~~

WTO Rules in Favour of European Union Seal Product Ban

Publication Date: 
Mayo 22, 2014
Thumbnail: 
WTO Rules in Favour of European Union Seal Product Ban
Imagen: 
WTO Rules in Favour of European Union Seal Product Ban

IFAW – the International Fund for Animal Welfare – is delighted that the World Trade Organization (WTO) Appellate Body has largely upheld the European Union’s ban on seal products. As in an earlier first instance ruling, the WTO found that moral considerations — including concerns about animal welfare — can justify trade restrictions. As a consequence only small adjustment will need to be made.

Press Location: 
Brussels, Belgium
Contacto de prensa
Contacto de prensa: 
Dörte von der Reith (IFAW Germany)
Res (Andreas) Krebs (IFAW Canada)
Contact phone: 
49.(0)40.866.50033
(416) 669-3459
Contact email: 

DIAPORAMA : endiguer le trafic d’espèces sauvages pour sauver les espèces africaines menacées

Abril 11, 2014
DIAPORAMA : endiguer le trafic d’espèces sauvages pour sauver les espèces africa

WTO hält am EU-Handelsverbot für Robbenerzeugnisse fest

Mayo 22, 2014
WTO hält am EU-Handelsverbot für Robbenerzeugnisse fest

Die Entscheidung des Berufungsgremiums der Welthandelsorganisation (WTO) ist ein weiterer schwerer Schlag gegen die kommerzielle Robbenjagd: Das EU-Handelsverbot für Robbenerzeugnisse bleibt bestehen.</p />
</p></div><div class=

Ubicación: 

Campagne de vaccination à Playa del Carmen : plus d’un millier de chiens et de chats vaccinés

Abril 15, 2014
Campagne de vaccination à Playa del Carmen : plus d’un millier de chiens et de c

香港が象牙在庫の一部を焼却処分

Publication Date: 
Mayo 15, 2014
Thumbnail: 
Imagen: 

本日(2014年5月15日)、香港は違法象牙の在庫30トンの一部を破壊し、残りも今後2年以内に焼却処分する予定です。

象牙は青衣(チンイ)の化学廃棄物処理センターで焼却処分されます。注目を集めるこのイベントには、中国政府高官やCITES事務局の他、保護活動家やメディアも参加します。

「中国本土に密輸される違法象牙の主な経由地である香港が在庫象牙を破壊するということは、政府が象牙の密輸と違法象牙取引を容認しないことを意味します。在庫を破壊することで、象牙はゾウの虐殺と密猟という残酷な慣習の産物であり、象牙取引の存在自体が悪いという強いメッセージを消費者に送ることになります」と国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)アジア地域支局長、グレース・ゲ・ガブリエルは言います。

偶然にも、カンボジアが金曜日(2014年5月9日)、シアヌークビル港で豆のコンテナに隠された3トンもの違法象牙を押収したと発表した数日後に、このイベントが行われます。

Press Location: 
南アフリカ、ケープタウン
Contacto de prensa
Contacto de prensa: 
クリスティーナ・プレトリウス(IFAW野生生物取引プログラム)
Contact phone: 
+27 21 701 8642
Contact mobile: 
+27 82 330 2558
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

Hong Kong détruit son ivoire pour sauver les éléphants

Mayo 15, 2014
Hong Kong détruit son ivoire pour sauver les éléphants

Des défenses en ivoire confisquées au siège des douanes de Hong Kong, en Chine, le 8 août 2013Tandis que Hong Kong, l’une des deux Régions administratives spéciales de Chine, entreprend d’incinérer un stock de 30 tonnes d’ivoire, je ne peux retenir une pensée émue pour le dernier événe

IFAW、ホワイトコート猟の再開要求を非難

Publication Date: 
Abril 25, 2014
Thumbnail: 
Imagen: 

ケベック州マグダレン諸島のアザラシ猟師が、約30年に及ぶホワイトコート・タテゴトアザラシ(赤ちゃんアザラシ)の商業猟の禁止を解除するよう要求しています。

4月20日、モントリオールのル・ソレイユ紙に掲載された記事によると、マグダレン諸島アザラシ猟師協会のジル・テリオー会長は、1987年にホワイトコート猟をやめたのは「間違いだった」と主張しています。4月25日の続報では、ホワイトコート猟を許可することでアザラシの子に近付きやすくすべきとアザラシ猟師が論じています。

IFAWカナダの野生生物キャンペーンディレクター、シェリル・フィンクは言います。「ホワイトコートの赤ちゃんアザラシの虐殺を復活させたいというアザラシ猟師の要望を懸念しています。こうした動きは、生後数日の赤ちゃんアザラシを母親の目の前で虐殺するという、国際的に非難された習慣の復活を意味します。この習慣はあまりに残酷なので、ホワイトコート猟の再開は大規模な国際的抗議運動につながり、カナダの経済と国際的評価をさらに損なうでしょう。」

カナダの商業アザラシ猟で現在捕獲されているアザラシの大多数(98%)は生後3週間から3カ月のアザラシです。

Press Location: 
カナダ、トロント
Contacto de prensa
Contacto de prensa: 
レス(アンドレアス)・クレブス(IFAWカナダ)
Contact phone: 
(416) 669-3459
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

ゾウの回廊を確保し、人間とゾウの衝突を軽減する

Publication Date: 
Abril 23, 2014
Thumbnail: 
Imagen: 

ケニアのアンボセリ生態系の2頭のオスのゾウに今日、GPS首輪が取り付けられました。

首輪から送信される情報によって、ゾウが食料や水を求めて移動する地図を描くことができることで、野生生物管理官がゾウと地域社会の衝突を防ぐ戦略を策定し、ゾウの安全を監視するために役立ちます。

キティルアとエレライで行われた訓練で講演したIFAWのプログラム部長、スティーブ・ニュンビは次のように話しました。「科学を利用することで、アンボセリの豊かな野生生物遺産、特にゾウを存続させるために重要な回廊と行動中心域を確保し、ゾウが好む生息環境をつなぐことの重要性を主張することができます。」アンボセリ生態系には1,400頭以上のゾウが生息し、80%の時間をアンボセリ国立公園の外で過ごします。そのため、ゾウの移動経路と分散した地域の情報を集めることが重要です。

Press Location: 
ケニア、アンボセリ
Contacto de prensa
Contacto de prensa: 
ジャクリーン・ニャガ(IFAW東アフリカ)
Contact phone: 
+254 (20) 8072197/2406708
Contact mobile: 
+254 722 607 640
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

Grootste vrijlating van Amoertijgers ooit zorgt hopelijk voor terugkeer soort

Mayo 23, 2014
Grootste vrijlating van Amoertijgers ooit zorgt hopelijk voor terugkeer soort

IFAW-medewerkers in Rusland schoten deze beelden voor persbureau Reuters.

~~~

Ubicación: