Conservation charities rejoice as UK Government pledges an additional £13 million and extra resources to help tackle the illegal wildlife trade.

Publication Date: 
Jue, 11/17/2016
Thumbnail: 
Conservation charities rejoice as UK Government pledges an additional £13 millio
Imagen: 
Conservation charities rejoice as UK Government pledges an additional £13 millio

Today at the Hanoi Conference on the Illegal Wildlife Trade the UK Government has committed to spend an additional £13 million to help tackle all aspects of the illegal wildlife trade, doubling the UK’s current investment.

The announcement followed a keynote speech by the Duke of Cambridge who said species were being killed at a "horrifying" rate. His comments were echoed by the Secretary of State for the Environment, Angela Leadsom who committed to delivering real help and support to those governments at the meeting, including the host nation of Vietnam.

Press Location: 
London
Contacto de prensa
Contacto de prensa: 
Philip Mansbridge (IFAW Regional Director)
Contact mobile: 
+44 (0)7860 920796
Contact email: 

Volgende stap voor Blijf van mijn Dier: slachtoffer en huisdier samen opvangen

Jue, 12/01/2016
The Blijf van mijn Dier domestic/animal abuse project has worked with domestic a

IFAW’s project Blijf van mijn Dier maakt stormachtige ontwikkelingen door. En vandaag zetten we samen met het Oranje Huis in Amsterdam weer een grote stap.

Ubicación: 

CITES締約国会議でライオンの部位の国際取引全面禁止に合意できず

Publication Date: 
Dom, 10/02/2016
Thumbnail: 
Imagen: 

ヨハネスブルグで開催されている「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)」、通称ワシントン条約の第17回締約国会議(CoP 17)で今日、各国は野生のライオンの死骸から取り出した骨、爪、歯が商業目的で取引される年間輸出割り当てを0に設定するという、当初の提案からはかなり薄められた内容で合意しました。

この合意は、ライオンの全個体群を附属書Ⅱから附属書Ⅰに格上げし、ライオンやライオンの部位の国際商業取引を禁止するという提案者が求めていた内容からは程遠いものです。

しかし、現在特定のライオンの部位を商業取引している唯一の国として南アフリカは、人工繁殖によるライオンの部位の取引の年間輸出割り当てを設定し、毎年CITESに報告する義務を負います。そのため、この合意はライオンの骨と部位の市場が南アフリカの国境を越えて拡大する脅威を軽減します。それでも、合法的なライオンの骨の市場の存在は、野生で密猟されたライオンの部位をロンダリングする動機と機会を与えることにつながり、そのような取引がライオンの個体群に脅威を与え続けるのではないかという懸念を生みます。

Press Location: 
南アフリカ、ヨハネスブルグ
Contacto de prensa
Contacto de prensa: 
クリスティーナ・プレトリウス(IFAW SA)
Contact phone: 
+27 82 330 2558
Contact email: