Disaster Response team deploys to Dominica to help island ravaged by Hurricane Maria

Publication Date: 
Fre, 20/10/2017
Thumbnail: 
Imperial amazon parrot
Image: 
Imperial amazon parrot

The island nation of Dominica suffered terribly after hurricane Maria tore through the Caribbean last month. The International Fund for Animal Welfare is sending food, supplies, and an expert team of disaster responders to help the community, their animals, and wildlife. IFAW has partnered with Jake Levenson of the Dominica Sea Turtle Conservation Organization and Shane Gero of the Dominica Sperm Whale Project, two organizations with extensive ties to the island, to complete this essential mission.

Press Location: 
Washington, DC
Pressekontakt
Zeitraum
Pressekontakt: 
Kerry Branon (IFAW)
Telefon: 
+1-508-744-2068
E-Mail: 

Espèces migratrices : leur avenir est notre avenir

Die, 17/10/2017
Le photographe Wayne Reynolds immortalise la queue d'une baleine à bosse au larg

L'article ci-dessous a été écrit par Azzedine Downes, Président directeur général d'IFAW, pour être diffusé dans la publication de la COP 12 de la Convention sur la conservation des espèces migratrices (CMS). Il est publié ici avec autorisation.

Мигрирующие виды диких животных: их будущее – это наше будущее

Die, 17/10/2017
humpback whale off the coast of australia

Эта статья была написана президентом и генеральным директором IFAW Аззедином Даунсом для публикации в материалах, предназначенных для участников предстоящей 12-й Конференции Сторон Конвенции по сохранению мигрирующих видов диких животных (CMS); здесь статья воспроизводится с согласия автора.

Wandernde Tierarten: Ihre Zukunft ist unsere Zukunft

Die, 17/10/2017
Buckelwal vor der Küste Australiens

Der folgende Beitrag stammt von Azzedine Downes, dem Präsidenten des IFAW. Er ist zur Veröffentlichung auf der anstehenden Vertragsstaatenkonferenz der Bonner Konvention (CMS) bestimmt.

Ort: 

絶滅危惧種法を米議会の攻撃から救うIFAWのキャンペーンで有名人が団結

Publication Date: 
Mit, 20/09/2017
Thumbnail: 

#OneActForAll

国際動物福祉基金(IFAW)は、最近連邦議会で批判されている米国絶滅危惧種法(ESA)に対する攻撃を撃退するために、IFAW大使のピアース・ブロスナンとスラッシュ、そしてサマンサ・ビー、ニーナ・ドブレフ、マーク・ラファロ、ウィルマー・バルデラマ、スーザン・サランドンなどおなじみのスターを含む二十数名の有名人と協力して活動を行います。1973年の制定以来、ESAは何千種にも上る絶滅寸前の象徴的な愛すべき生物を保護する世界で最も強力なツールの一つとして、その役割を果たしてきました。

Press Location: 
米ニューヨーク州ニューヨーク
Pressekontakt
Zeitraum
Pressekontakt: 
マーク・サットン(ザ・ローゼン・グループ)
Telefon: 
212.255.8478
Mobiltelefon: 
915.227.5680

ハリケーンで被災した野生生物と地域のニーズを評価するために災害対応チームを派遣

Publication Date: 
Don, 14/09/2017
Thumbnail: 

バーブーダ島がハリケーン・イルマの暴風雨によってほぼ完全に破壊された後、地域社会を元の状態に戻すために復旧作業が始まる中、国際動物福祉基金(IFAW)はこの島国に災害対策専門家のチームを派遣しました。

バーブーダの1,600人の住民は、隣のアンティグア島に無事に避難しました。しかし、ペットは輸送船に乗せてもらえず、後に残されるしかありませんでした。嵐が近づくにつれ、野生生物も自力で何とかするしかありません。イルマの上陸後数日間、被害の程度を評価するために調査が行われました。島の住宅はほぼ1つ残らず嵐で崩壊しました。

アンティグア・バーブーダ政府、農業・国土・海洋資源・バーブーダ関連産業省、バーブーダ評議会は、バーブーダ島の家畜とペットの救援を行い、保健・環境省の環境局が生態系への自然災害の影響を評価する活動を支援するために、IFAWの災害対策チームを招待しました。

Press Location: 
米ワシントンD.C.
Pressekontakt
Zeitraum
Pressekontakt: 
ケリー・ブラノン(IFAW)
Mobiltelefon: 
+1-508-744-2068
E-Mail: