Queen-Gitarrist Brian May engagiert sich für den Schutz der Dachse

Mon, 09/10/2012
Queen-Gitarrist Brian May engagiert sich für den Schutz der Dachse.

Queen-Gitarrist Brian May engagiert sich für den Schutz der Dachse

Eine mit Queen-Fans und Tierschützern gefüllte Kirche kann eigentlich nur eins heißen: Der legendäre Rockgitarrist und Tierschützer Brian May hat geladen.

Time to act on our World Conservation Congress commitments

Mon, 09/24/2012
Time to act on our World Conservation Congress commitments

Back from the IUCN World Conservation Congress in Korea, I am worried if we do not start to “walk our talk” as my colleagues say, we will be in real danger of losing the last remaining opportunities to slow and ideally stop the loss of many of the world’s animal species.

Supporters make all the difference for elephants

Mon, 09/24/2012
Supporters make all the difference for elephants

Robbie Marsland, Director IFAW UK – Elephant* - Richard Benyon MP, Minister for Natural EnvironmentThank you!

Thanks to the action of International Fund for Animal Welfare supporters the British Government has committed to protecting elephants around the world.

Include a charity and help the good work live on

Mon, 09/24/2012
Include a charity and help the good work live on

Australians are a generous bunch.

In 2011, almost 13 million of us made at least one charitable donation (Roy Morgan, Jan 2011- Dec 2011). For a population of just over 22 million, this is an impressive statistic.

Last week’s ‘Include a Charity’ Week made me think how can we, as individuals, ensure we maintain this and even better, encourage more people to donate to charity?

Standing with Brian May in opposition to the needless slaughter of badgers

Mon, 09/24/2012
Team Badger.

The author with Queen guitarist and animal welfare advocate, Brian May.A few days ago I joined Queen guitarist and campaigner Brian May to unveil a giant billboard poster in London against the culling of badgers.

IFAW野生生物救援センターが設立10周年と救助された1600頭の動物を祝う

Publication Date: 
Tue, 08/28/2012
Thumbnail: 

村で負傷したゾウの仔、密猟者によって親を殺されたサイ、井戸で発見されたトラの成獣、そして家に潜んでいたヒョウ!これらはインド北東部にあるIFAWの野生生物救援センターが過去10年間に救った動物150種1600頭のうちの4頭です。

 

インド北東部のアッサム州に位置するユネスコ世界遺産地カジランガ国立公園の近くに、国際動物福祉基金(IFAW - www.ifaw.org)がアッサム森林局及びインド野生生物トラスト(WTI)と共同でセンターを開設したのは2002年のことです。それ以来、ウンピョウ、サイ、ゾウ、クマ、オオハゲコウなどの鳥やインド唯一の類人猿、テナガザルなど数々の野生生物種の人工飼育及びリハビリテーションの方法の開拓にも取り組んできました。

 

Press Location: 
インド、アッサム
Press Contact
Press Contact: 
マイク・ブース(IFAW本部)
ケリー・ブラノン(IFAW本部)
Contact phone: 
+1 508-744-2076
+1 508-744-2068

ゾウの危機 アフリカ25カ国が警鐘を鳴らす

Publication Date: 
Fri, 09/07/2012

 

アフリカゾウ連合(AEC)として知られるアフリカ25カ国の連合は今週、ますます広がる大きな脅威に直面するアフリカゾウを護るために必要な緊急措置を特定する目的で、ブルキナファソのワガドゥーグーに集まりました。この会議において国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)は積極的な役割を果たしました。

AEC代表団が特に高い関心を持っているのは、密猟及び違法な象牙取引の現状レベルです。2011年は史上最悪の年でしたが、2012年はそれを上回る可能性があります。「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)」、通称ワシントン条約の加盟国に提供された報告書によると、密猟はこの20年間で最大級のレベルとなっています。

「この規模の密猟が続けばゾウが一掃されるエリアも出てくるでしょう」とIFAWの野生生物違法取引防止プログラム部長、ケルヴィン・アリーは言います。「ゾウが生息する25カ国が警鐘を鳴らしています。ゾウが如何に大きな脅威に晒されているかを反映する歴史的な出来事です。世界は姿勢を正して耳を傾けるべきです。」

Press Location: 
ブルキナファソ、ワガドゥーグー
Press Contact
Press Contact: 
アドリアン・ヒール(IFAW EU)
Contact phone: 
+32 2 282 06 93
Contact email: 

Zanesville's Sheriff Lutz asks for passage of big cat legislation from Capitol Hill

Fri, 09/21/2012
Zanesville Sheriff Matthew Lutz and IFAW DC office campaigner Tracy Coppola.

Zanesville Sheriff Matthew Lutz and IFAW DC office campaigner Tracy Coppola.On September 20th, the International Fund for Animal Welfare led a successful Congressional briefing on Capitol Hill to garner more support for the Big Cats and Public Safety Protection Act.

Flashback: resolving human and animal conflict in Malawi – how are the elephants today?

Fri, 09/21/2012
Free roaming elephants at Majete Wildlife Reserve in Malawi. © IFAW

In June of 2009, the International Fund for Animal Welfare embarked on a massive project to relocate 83 elephants from the communal lands of Mangochi on the shores of Lake Malawi to Majete Game Reserve.

The human-elephant conflict originated when a drought in the early 2000’s forced the elephants out the forest reserves of Phirilongwe down to agricultural land bordering Lake Malawi’s western shores.

韓国、国際自然保護会議の開催国として捕鯨計画を公に却下するよう求められる

Publication Date: 
Wed, 09/05/2012

世界最大規模で最重要な保護会議を前に、開催国である韓国はクジラを捕殺する計画を公に却下することを迫られました。

韓国が調査目的と称して大量のミンククジラの捕獲を開始する意向を発表し、世界中から非難を浴びてからわずか数週間ですが、明日木曜日には4年に一度開催される国際自然保護連合(IUCN)の世界自然保護会議が韓国の済州島で開幕します。*

7月にパナマで開かれたIWC総会において韓国代表団が出した声明が広く非難を浴びたことから、韓国政府には当初この発表から距離を置こうとする姿勢が見られました。しかし韓国政府から計画を却下したという正式な声明はいまだに出ておらず、調査捕鯨の提案をIWCに提出する期限も12月に迫っています。

IUCNはこの提案に関して、計画の見直しと、韓国の水域では今後もクジラの非致死的調査を続けることを求める意見書を韓国に出しています。

Press Location: 
英国、ロンドン
Press Contact
Press Contact: 
クレア・スターリング(IFAW UK)
Contact phone: 
+44 (0)20 7587 6708
Contact mobile: 
+44 (0)7917 507717
Contact email: