Russland: Bärenjungen genießen den Sommer im IFAW Rehabilitationszentrum

Fri, 09/19/2014
Dreizehn kleine Bären wurden im Sommer im IFAW Rehabilitationszentrum versorgt.

Die Bärenjungen genießen den Sommer im IFAW Rehabilitationszentrum.

Den folgenden Bericht hat mir unsere russische IFAW Kollegin Mila Danilova geschickt:

Location: 

65e session plénière de la CBI : une immense victoire pour les baleines

Party animals: winning animal welfare support at UK political conferences

Tue, 10/14/2014
IFAW campaigns against the illegal wildlife trade at UK political conferences.

Conservative Minister Esther McVey MP is well known for her support of animal welfare causes.When we packed our trunks to go off to the main UK party political conferences to talk about protecting elephants and the International Fund for Animal Welfare’s (IFAW) campaign against the illegal wildlife trade, we had no idea how much support to expect.

La Princesse Alia devient membre honoraire du Conseil d'administration et fait profiter IFAW de son courage et de sa passion

Wed, 10/15/2014
La Princesse Alia devient membre honoraire du Conseil d'administration et fait p

Lorsque j'ai rencontré S.A.R. la Princesse Alia Al Hussein pour la première fois, nos conversations portaient sur un sanctuaire qu'elle avait fondé récemment pour accueillir et soigner les animaux sauvés de la contrebande.

Jane Goodall wird Ehrenmitglied des IFAW Aufsichtsrats

Wed, 10/15/2014
Der IFAW heißt Jane Goodall als neues Ehrenmitglied willkommen.

Jane Goodall und IFAW Präsident Azzedine Downes bei der Feier ihres 80. Geburtstags im April 2014 in San Francisco.Mit ihrer jahrzehntelangen Erfahrung in so vielen Bereichen und ihrem leidenschaftlichen Engagement überrascht es nicht, dass Dr.

Location: 

南アフリカ環境省がゾウの保護解除へ

Publication Date: 
Tue, 09/16/2014
Thumbnail: 
Image: 

「ゾウに関する規範と基準」の修正案について議論するために環境省が招集したステークホルダー・ミーティングで、環境省がゾウの福祉に関する条項をすべて取り除くつもりであることが明らかになりました。

環境省は「ゾウに関する規範と基準」の適用とそれによる取締りが困難だと言います。このことは4頭のゾウの子どもに関する最近の民事訴訟で浮き彫りになりました。ゾウの子どもはサンドハースト・サファリで野生から違法に連れ出され、「エデンのゾウ」、そしてエレファントバック・サファリの運営者であるクニスナ・エレファント・パークに捕われています。

環境省は基本的に適用と取締りにおける諸問題に対処する代わりに、守られていない法律の一部をただ取り除くことを提案しています。他に具体的な動機は提供されていません。

「規範と基準」の修正案によって、ゾウの野生からの捕獲や国内外への輸出入が可能となり、ゾウを違法取引する簡単なルートを開くことになります。エレファントバック・ライドのためにゾウを手なずけて命令に従わせる訓練方法はかなり残酷なため、これを許可したり支持したりすることはできません。

Press Location: 
南アフリカ、ケープタウン
Press Contact
Press Contact: 
クリスティーナ・プレトリウス(IFAWアフリカ南部)
Contact phone: 
+27 21 701 8642
Contact mobile: 
+27 82 330 2558
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

EU政府主導で世界がアイスランドの捕鯨に抗議

Publication Date: 
Mon, 09/15/2014
Thumbnail: 
Image: 

アイスランドのレイキャビクで今日、欧州連合(EU)の28加盟国が、米国、オーストラリア、ブラジル、イスラエル、ニュージーランドなどからなる連合を主導してアイスランドの捕鯨に反対しました。連合は「アイスランドが継続、拡大している捕鯨と、継続中のクジラ製品の国際取引に対する強い反対」を表明しました。

国際動物福祉基金(IFAW―www.ifaw.org)は、この政府間申し入れを歓迎します。

「これはここ数年間で3度目の申し入れですが、断固としてアイスランドの捕鯨問題を提起し続ける関係国は称賛されるべきです。絶滅危惧種のナガスクジラの捕鯨は、国際的な保護の取り組みと世界的な商業捕鯨モラトリアムを台無しにしています」とIFAWのEU地域事務局長、ソニア・ヴァン・ティシェレンは言います。

申し入れは以下のような文面です:

Press Location: 
ベルギー、ブリュッセル
Press Contact
Press Contact: 
アドリアン・ヒール(IFAW EU)
Contact mobile: 
+32 (0)473 86 34 61
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

サメにとって新しい保護策が実施される重要な日

Publication Date: 
Sun, 09/14/2014
Thumbnail: 
Image: 

サメをさらに保護する画期的な決定が実施される今日、自然保護を訴える人々は9月14日をワールド・シャーク・デーにしようと呼び掛けています。

極東で高級スープ市場を支える貪欲なフカヒレ取引のために、毎年1億匹ものサメが殺されていると推定されます。一方、ニシネズミザメなどはヨーロッパの正餐用に消費され、「北東大西洋で絶滅の危機に瀕している」と言われるほど捕獲されています。

国際動物福祉基金(IFAW―www.ifaw.org)のサメ専門家でIFAWドイツ事務局長のラルフ・ソンタグ博士は言います。「サメの種は世界中で減少しています。サメは非常に繁殖が遅く、低水準の漁獲でも個体群の存続が危うくなる種もあり、個体数の80~90パーセントが減少した種もあるほどです。」

Press Location: 
ドイツ、ハンブルグ
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>