IFAW北京猛禽救助中心年报(2001-2011)

Publication Date: 
Fri, 04/06/2012
Publication Image: 
IFAW北京猛禽救助中心年报(BRRC, 2001-2011)

(中文,PDF,2.45MB)

Nieuw thuis voor straathond Pelusa in Playa del Carmen

Mon, 05/18/2015
Pelusa geniet van haar nieuwe leven bij Marbella. Met veel plezier vervult ze ha

Pelusa geniet van haar nieuwe leven bij Marbella. Met veel plezier vervult ze haar nieuwe rol als waakhond en gezelschapsdier voor Marbella en haar twee baby’s.

Location: 

Langlopend onderzoek met halsbandzenders: olifanten trekken verder weg, meer potentiële conflictgebieden

Tue, 05/19/2015
Het IFAW heeft in samenwerking met de School for Field Studies en de Kenya Wildl

Het IFAW heeft in samenwerking met de School for Field Studies en de Kenya Wildlife Service 12 olifanten uitgerust met een halsbandzender.

Waar gaan de olifanten van Amboseli National Park naartoe als ze zich buiten de grenzen van het beschermde park wagen?

Location: 

タイの象牙押収:IFAW、省庁間協力の重要性を再度強調

Publication Date: 
Wed, 04/29/2015
Thumbnail: 
Image: 

タイで象牙3トンが押収されたことを受け、国際動物福祉基金(IFAW)は野生生物の法執行機関、司法機関及び税関の省庁間協力の重要性を再度訴えています。

象牙の押収は、ゾウの存在を脅かす大きな地球規模の問題を証するものです。「各国がゾウの密猟と違法取引を食い止めるには、この悲惨なゾウの虐殺の背後にいる者達をマッピング及びプロファイリングするためにインターポールなどの機関や各国政府の法執行機関と協力するしか方法はありません」とIFAW東アフリカ地域事務局長、ジェームズ・イシチは言います。「野生生物の殺戮及び違法取引との闘いは一国家または一組織が単独で対処できるものではないため、国家間だけでなく国際機関間の結び付きを強める必要があります。IFAWはこのような取り組みを喜んで支援し、野生生物犯罪を効果的に抑制するためには生息国、経由国及び目的国における国家間及び省庁間の協調的なアプローチが重要であると強く信じています。」

Press Location: 
ケニア、ナイロビ
Press Contact
Press Contact: 
ジャクリーン・ニャガ(IFAW東アフリカ)
Contact phone: 
+254 20 807 2197
Contact mobile: 
+ 254(0) 734 929 293
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

タイで密輸象牙4トンを押収

Publication Date: 
Tue, 04/21/2015
Thumbnail: 
Image: 

バンコクのマスコミ報道によると、今日タイで4トン以上の象牙が押収されました。その739本の象牙はコンゴ民主共和国から密輸されたもので、タイの当局者によると積荷は620万米ドル相当ということです。象牙の最終目的地には中国、タイ及びベトナムが含まれていたと思われます。

皮肉にもタイにとって今日という日は国民が各自所有する象牙を申告する最終期限日でもありました。申告しなければ300万バーツ以下の罰金を科されます。現在までに150トン以上の象牙が当局に登録されました。

「密猟及び違法取引と闘う中で、象牙の押収は法執行能力の向上を示すものとしていつでも朗報であることには間違いありませんが、押収は年間35,000頭以上のゾウが殺戮されていてその数が減少する兆しはない、という非常に悲劇的なシナリオが表に現れたものです」とIFAWのゾウ保護プログラム部長、ジェイソン・ベルは言います。

Press Location: 
ベルギー、ブリュッセル
Press Contact
Press Contact: 
アドリアン・ヒール(IFAW EU)
Contact phone: 
+32 (0)473 86 34 61
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

日本の新捕鯨計画を専門家が非難:これ以上クジラが殺される必要はない

Publication Date: 
Mon, 04/13/2015
Thumbnail: 
Image: 

日本の南極海での新捕鯨計画に関する独立専門家の調査[i]が今日発表されましたが、この報告書はさらなる虐殺計画を支持せず、南極海の調査のためにこれ以上クジラを捕獲する必要はないと結論付けました。

この国際捕鯨委員会(IWC)の報告書によると、一流の科学者からなるパネルは、日本が南極海でこれ以上クジラを殺す必要性を証明していないと結論付けました。これは南極海クジラサンクチュアリで捕鯨再開を目指す日本の新しい計画にとって大打撃です。

IFAWの国際クジラ・プログラム部長、パトリック・ラマージは言います。「今は2015年です。科学の専門家でなくても、南極海でクジラを虐殺する必要がないことくらいわかります。日本が今年始めた非致死的調査を継続し、2016年9月のIWC総会でこの現代的な研究の結果を発表するよう要請します。」

Press Location: 
東京
Press Contact
Press Contact: 
ケリー・ブラノン
Contact phone: 
+1 508-744-2068
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

カナダの商業アザラシ猟は残酷で不要な無駄遣い

Publication Date: 
Wed, 04/08/2015
Thumbnail: 
Image: 

カナダの商業アザラシ猟が4月12日に東海岸で再開されることが今日、発表されました。数千万ドルの公的資金を40年以上にわたって支援を受けているにもかかわらず、商業アザラシ猟の採算性は史上最低レベルにあります。ニューファンドランド・ラブラドール州政府は今朝、苦境に立つアザラシ猟業界に200万ドルの追加救済融資を行うと発表しました。業界が政府に融資を求めたのはこれで4年連続になります。

過去20年間、政府も業界もロビー団体も、アザラシの新たな活用法として燃料やペパロニなどありとあらゆる製品化を試みては失敗してきました。カナダ政府のデータによると、「完全利用」の方針にもかかわらず、アザラシの90%以上は廃棄され、商業アザラシ猟はいまだに主に毛皮目的です。また、数千万ドルの公的資金を受け取っているにもかかわらず、商業アザラシ猟は2006年以来減少しています。

Press Location: 
カナダ、トロント
Press Contact
Press Contact: 
ミシェル・クリフ (IFAWカナダ)
Contact phone: 
+1 647 986 4329
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

中国再次销毁罚没象牙,不让象牙走私有藏身之地

Publication Date: 
Fri, 05/29/2015
Thumbnail: 
中国再次销毁罚没象牙,不让象牙走私有藏身之地
Image: 
中国再次销毁罚没象牙,不让象牙走私有藏身之地

    今天上午,中国国家林业局与海关总署在北京市野生动物救护中心共同销毁了662公斤象牙及制品,这是2014年以来,中国执法机关罚没并结案的全部非法象牙及其制品。

    国际爱护动物基金会(International Fund for Animal Welfare,简称IFAW, www.ifaw.org.cn)应邀参加了销毁仪式。“IFAW支持中国政府再次销毁罚没象牙。中国政府再次向全世界展现了打击非法象牙贸易的坚定决心,”IFAW亚洲区总代表葛芮表示,“这662公斤象牙的罚没和结案说明中国政府包括国家林业局、海关总署和森林公安在内的多部门的一系列执法合作取得了显著成效。特别是“眼镜蛇行动”系列执法行动有效的震慑了国内外从事非法野生动物贸易的犯罪分子。” 

Press Location: 
中国 北京
Press Contact
Press Contact: 
张琦 (IFAW中国办公室)
Contact phone: 
+86 10 6440 2960
Contact email: 

App hilft Islandtouristen Wale zu schützen

Publication Date: 
Fri, 05/29/2015
Thumbnail: 
Lieber Wale beobachten, als sie essen!
Image: 
Lieber Wale beobachten, als sie essen!

Der IFAW (Internationaler Tierschutz-Fonds) hat eine App entwickeln lassen, die Islandtouristen ermöglicht, während ihres Aufenthalts Wale zu schützen.

Mit der kostenlosen App „Whappy“ können Nutzer herausfinden, welche Restaurants kein Walfleisch verkaufen, wo es walfreundliche Souvenirs gibt, wo Whalewatching-Unternehmen sind und welche Wal- und Delfinarten rund um Island zu sehen sind sowie einige Informationen zu ihnen.

Press Location: 
Hamburg
Press Contact
Press Contact: 
Andreas Dinkelmeyer
Contact phone: 
+49 (0)40 866 500 15
Contact mobile: 
+49 173 622 75 39
Contact email: