イルカの大量座礁、ソナーマッピングとの関連性が初めて認められる

Publication Date: 
Wed, 09/25/2013
Thumbnail: 
Image: 

2008年にマダガスカル北東部のロザ・ラグーン系で発生した約100頭のカズハゴンドウの大量座礁の引き金となったのは、聴覚刺激、具体的にはエクソンモービル・エクスプロレーション・アンド・プロダクション社(北マダガスカル)が契約する測量船のマルチビーム測深機システムであるとする調査結果を、独立調査団は発表しました。

事件発生当時、野生動物保護協会(WCS)は国際動物福祉基金(IFAW‐www.ifaw.org)の協力を得て、国際的な座礁チームを率いて生きているイルカを礁湖から外海へ戻し、死因究明のためにイルカの遺骸を解剖しました。

今日発表された最終報告書によると、この類の海洋哺乳類の大量座礁で高周波マッピングソナーシステムと密接に関連付けられたものはこれが初めてだということです。このような高周波マッピングソナーシステムは炭化水素産業、軍隊およびその他の産業が使用する調査船など、さまざま利害関係者によって使用されるため、今回の調査結果によって、騒音が海洋哺乳類に与える影響が懸念されます。

Press Location: 
米ニューヨーク州ニューヨーク
Press Contact
Press Contact: 
マイケル・ブース(IFAW本部)
Contact phone: 
1-508-744-2076
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>