China’s Destruction of Ivory means it is time for EU to Act

Publication Date: 
Mon, 01/06/2014
Thumbnail: 

Today in Dongguan, Guangdong Province, the Chinese Government destroyed over 6 tonnes of confiscated elephant ivory and ivory products in a symbolic act to help stop the illegal wildlife trade.

Press Location: 
Beijng, China
Press Contact
Press Contact: 
Sabrina Zhang, IFAW China
Adrian Hiel, IFAW EU
Contact phone: 
+86 10 644 02960
+32 2 282 06 93
Contact email: 

ゾウにとって惨憺たる2013年、続く2014年はEUがかすかな希望の光をもたらす年に

Publication Date: 
Thu, 12/19/2013
Thumbnail: 
Image: 

2013年には41トンを超える象牙が押収されました。これは過去25年間で最大の押収高です。

一方で、年間50,000頭ものゾウが象牙目的で殺されているという事実は世界の指導者たちを驚愕させ、密猟と象牙の違法取引を終わらせるための行動へと駆り立てたようだとIFAW(国際動物福祉基金)は言います。

「象牙目的の密猟はこの数年で管理不能な状態にまで拡大しています。大規模な押収(800キログラム以上)は今では例外的なケースではなく普通のこととなっています」とIFAWの野生生物取引防止プログラム部長、ケルヴィン・アリーは言います。

「今年に入ってから大規模押収は18件発生し、押収高は合計41.5トンと言われています。大規模押収が14件で押収高が合計24.3トンだった2011年と比べると、著しく増加しています。」

Press Location: 
ベルギー、ブリュッセル
Press Contact
Press Contact: 
アドリアン・ヒール(IFAW EU)
Contact phone: 
+32 473 86 34 61
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

アイスランドが今後5年間の捕鯨の捕獲枠を設定-鯨肉の乏しい需要、重大な貿易問題、国内外の反対を無視

Publication Date: 
Mon, 12/16/2013
Thumbnail: 
Image: 

アイスランド政府は今後5年間にわたり毎年ミンククジラ229頭、絶滅危惧種のナガスクジラ154頭の捕獲を可能にする新たな捕獲枠を設定しましたが、本日公表された世論調査によると、鯨肉を定期的に食べる*と回答したアイスランド人は3パーセントしかいないことが分かりました。

国際動物福祉基金(IFAW)の依頼を受けてアイスランド人を対象に実施されたギャラップ調査の結果、この12か月間で鯨肉を6回以上購入した人はわずか3パーセントでした。また、アイスランド人の75パーセントは鯨肉を全く購入せず、女性及び18歳から24歳の層に至ってはこの割合がそれぞれ82パーセントと86パーセントにまで上ることが分かりました。

アイスランド政府が国民とクジラの両方にとって害のある時代遅れで非経済的な活動を止めさせるどころか、クジラの捕獲枠を増やし、アイスランド唯一の捕鯨業者、クリスチャン・ロフソンの活動を支援し続けることにIFAWは失望しています。

Press Location: 
アイスランド、レイキャビク
Press Contact
Press Contact: 
クレア・スターリング(IFAW UK)
シガースタイン・マッソン(アイスランド)
Contact phone: 
+44 (0)207 587 6708
00354 8638361
Contact mobile: 
+44 (0)7917 507717
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

エジプトでサメと海洋生物の保護に関する研修会実施

Publication Date: 
Tue, 12/10/2013
Thumbnail: 
Image: 

国際動物福祉基金(IFAW‐www.ifaw.org)は農業・土地開拓省及び「移動性野生動物種の保護に関する条約(CMS)」の事務局と連携し、サメなどの海洋生物の取引を阻止するための研修会を2013年12月9日から12日、エジプトのフルガタで開催します。

IFAWの中東地域事務局長、エルサイード・モハマド博士はこう話します。「IFAWはエジプトで農業・土地開拓省と協力してこの研修会を開催できることを嬉しく思います。このワークショップにより、当局職員が「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)」、通称ワシントン条約に則ってサメの取引を取り締まり、絶滅が危惧されているこの海の生物の保護が強化されることを期待しています。」

Press Location: 
アラブ首長国連邦、ドバイ
Press Contact
Press Contact: 
マハ・オダ (IFAW MENA)
Contact phone: 
+971559811383
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

Faites-nous part de vos préférences quant à la protection animale en 2014

Mon, 01/06/2014
Faites-nous part de vos préférences quant à la protection animale en 2014

En cette nouvelle année, je voudrais saluer l'amour que vous portez aux animaux et vous remercier pour votre générosité.

Vous nous avez aidés à prendre soin de milliers d’animaux de tellement de façons différentes. En 2013, grâce à votre soutien, nous avons pu protéger et soigner des animaux en détresse dans le monde entier.

Ce top dix des plus beaux moments 2013 va vous faire fondre ...

Tue, 12/31/2013

Avouons-le, il nous arrive parfois de chercher à toucher votre corde sensible. De la gigantesque maman rhinocéros au petit chaton Rapunzel, les animaux ont parfois besoin de notre aide et les associations de protection des animaux comme IFAW essaient de répondre à leurs appels partout et en toutes circonstances.

Voici le recueil des meilleurs moments de l’année.

L'action du gouvernement chinois sauvera des espèces menacées

Tue, 12/17/2013
L'action du gouvernement chinois sauvera des espèces menacées

Des milliers de billets chinois, dissimulés par un fonctionnaire du gouvernement, viennent d'être saisis. Une grande partie du monde occidental le considèrera peut-être comme une simple note sans importance, mais l'arrêté chinois de la semaine dernière résonne comme une douce musique à mes oreilles.

Ook China vernietigt haar voorraad ivoor

Publication Date: 
Thu, 01/02/2014
Thumbnail: 
Na de Verenigde Staten en Frankrijk gaat nu ook de Chinese overheid haar in besl
Image: 
Na de Verenigde Staten en Frankrijk gaat nu ook de Chinese overheid haar in besl

Een goed begin van het nieuwe jaar voor Afrikaanse olifanten. Na de Verenigde Staten en Frankrijk gaat nu ook de Chinese overheid haar in beslag genomen voorraad ivoor vernietigen. Dat heeft het ministerie van landbouw vandaag laten weten. Volgens de verklaring is Wildlife Trade een ‘serieus probleem‘ en wil men met de vernietiging van aanstaande zaterdag bewustwording onder de bevolking creëren en laten zien dat China de handel in wilde dieren een halt toe wil roepen.

Press Contact
Press Contact: 
Rob Schaap (IFAW NL)
Contact phone: 
070-3355011
Contact mobile: 
06-24385931
Contact email: