IFAW Tierarztpraxis Berlin: Hundedame Pepsi erfolgreich operiert

Décembre 23, 2014
IFAW Tierarztpraxis Berlin: Hundedame Pepsi erfolgreich operiert

Frau Larya mit Hündin Pepsi

Emplacement: 

Klimaattop Lima eindigt met frustrerend maar belangrijk compromis

Décembre 16, 2014
De opwarming van de aarde heeft nu al verwoestende gevolgen gehad voor duizenden

De opwarming van de aarde heeft nu al verwoestende gevolgen gehad voor duizenden diersoorten, waaronder de walrus.

Emplacement: 

ノルウェーが商業アザラシ猟の補助金を廃止―ヨーロッパの商業アザラシ猟の終結か

Publication Date: 
Décembre 12, 2014
Thumbnail: 
Image: 

メディア・レポートによると、ノルウェー政府は不要な商業アザラシ猟を政府の援助で下支えすることをやめると発表しました。

「これは何千頭ものアザラシを悲惨な死から救う、素晴らしいニュースです。保守的なノルウェー政府も、34カ国のアザラシ製品禁輸がなくなることはなく、むしろ商業アザラシ猟をやめるときが来たと気づいたようです」と国際動物福祉基金(IFAW)のEU地域事務局長、ソニア・ヴァン・ティシェレンは言います。

AFPは木曜日遅く、1,200万クローネ(130万ユーロ、160万ドル)のアザラシ猟の補助金を2015年の予算から削減することに議員の過半数が賛成したと報じました。「これはEUのアザラシ製品の禁輸にとっても吉報です。欧州人がこの残酷な取引をやめることによって、欧州以外の場所で行われる残虐行為も終わらせることができます」とヴァン・ティシェレンは言います。

Press Location: 
ベルギー、ブリュッセル
Contact presse
Contact presse: 
アドリアン・ヒール(IFAW EU)
Contact phone: 
+32 (0)473 86 34 61
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

環境犯罪指名手配犯がザンビアで逮捕される

Publication Date: 
Décembre 9, 2014
Thumbnail: 
Image: 

インターポールの国際指名手配リスト、インフラ・テラ(INFRA Terra)に載っていた重要な環境犯罪者が、ザンビア野生生物管理局(ZAWA)とザンビア警察のチームに逮捕されました。

32歳のザンビア人、ベン・シマシクは、2012年に17個の象牙の不法所持で逮捕されたボツワナから逃亡しました。不法所持品は重量115キロでした。

先週リビングストンでシマシクの逮捕につながる情報をZAWAが受け取り、この国際指名手配犯を逮捕する特殊作戦が始まり、ついに2014年12月2日火曜日、シマシクが逮捕されました。

国際動物福祉基金(IFAW)の野生生物取引プログラム・ディレクター、ケルビン・アリーは作戦の成功を称賛します。

Contact presse
Contact presse: 
クリスティーナ・プレトリウス
Contact phone: 
+27 21 701 8642
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

パキスタンで野生から保護されたユキヒョウの子が新居を得る

Publication Date: 
Décembre 4, 2014
Thumbnail: 
Image: 

親をなくしたユキヒョウが野生から保護され、パキスタンのカラコラム・ハイウェイの側で小さなケージに入れられていましたが、ユキヒョウ財団、野生生物局、ギルギット・バルティスタン州、イスラマバードの米国務省大使館、ユキヒョウ基金、ユキヒョウ保護団体、そして国際動物福祉基金(IFAW)のおかげで、新居を得ることになりました。

これら提携団体が資金を出し合って特別に設計し、建設した新しい11,000平方フィートの野生生物保護施設にこの絶滅危惧種のユキヒョウを収容するほか、パキスタンのギルギット・バルティスタン州に教育と国民の認識を高める場所を提供します。

2012年12月31日、地元の村人が当時生後わずか数カ月の野生のユキヒョウの子を見つけ、危害から保護するつもりで連れ帰りました。ユキヒョウの子を捕獲してから約2年後、ギルギット・バルティスタン州の野生生物局は若いユキヒョウを野生に帰す可能性について国際的な専門家に相談しましたが、このユキヒョウは獲物を捕まえて自力で生き延びるために必要なあらゆるスキルが不足しているため、解放しないことが決定されました。

Press Location: 
米国マサチューセッツ州ヤーマスポート
Contact presse
Contact presse: 
マイケル・ブース(IFAW本部)
Contact phone: 
+1 (508) 744-2076
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>