EU裁判所はアザラシ製品禁輸を支持

Publication Date: 
Je, 04/25/2013
Thumbnail: 
Image: 

欧州一般裁判所は今日、EUによるアザラシ製品禁輸措置を是認しました。EUのアザラシ禁輸措置及びその施行は法的根拠がないという懸念を、裁判所は強い表現と一点の曇もない裁決で退けました。

「この結果にIFAWは満足しています」とIFAWのEU地域事務局長、ソニア・ヴァン・ティシェレンは言います。「ヨーロッパ市民も、科学界も、そして法曹界も、残酷で不必要な商業捕鯨に対してヨーロッパが扉を閉ざすことに味方しています。」

「次のステップは、ジュネーブで続く論争でWTOがEUによるアザラシ禁輸措置の有効性を認めることです」とヴァン・ティシェレンは続けます。「IFAWは欧州一般裁判所での裁判同様、EUによるアザラシ禁輸措置を擁護する欧州委員会の立場を支持します。」

Press Location: 
ベルギー、ブリュッセル
Contact presse
Contact presse: 
アドリアン・ヒール(IFAW EU)
Contact phone: 
+32 (0)473.86.34.61
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

IFAW、野生生物違法取引のワークショップをレバノンで開催

Publication Date: 
Ma, 05/07/2013

国際動物福祉基金(IFAW - www.ifaw.org)は、野生生物の違法取引防止と「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)」、通称ワシントン条約に関する特別なトレーニングを計画しています。このワークショップはレバノン農業省と連携して2013年5月7日~11日にベイルートで開催されます。

レバノン共和国がワシントン条約に加盟したのは最近のことで、2013年3月3日に正式に178番目の加盟国となりました。条約は2013年5月26日に発効します。

IFAWの中東地域事務局長、エルサイード・モハメド博士は言います。「レバノンの加盟は野生生物の保護における重要な一歩です。ワシントン条約は野生生物と動物製品の国際取引を規制し、絶滅危惧種の商業利用を抑えてより良い保護を与えます。」

Press Location: 
レバノン、ベイルート
Contact presse
Contact presse: 
マハ・オダ (IFAW中東)
Contact portable : 
+971559811383
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

グレート・リンポポ国立公園のモザンビーク側で300頭のサイが絶滅、レンジャーに殺される

Publication Date: 
Ve, 04/26/2013
Thumbnail: 
Image: 

アフリカ南部が誇る、国境をまたいだ国立公園のモザンビーク側で、動物レンジャーの手を借りた密猟者がサイを一頭残らず殺害しました。

モザンビークのリンポポ国立公園で先月15頭のサイが殺されていたことが今日報じられました。殺されたのは、2002年にグレート・リンポポ・トランスフロンティア・パークが誕生した当時300頭以上いたと推定される、サイの最後の生き残りでした。

リンポポ国立公園長はマスコミに対し、サイ殺しに関与した罪で起訴されたレンジャー30名が近々出廷すると話しました。

「角を狙う密猟からサイを護る闘いの中で動物レンジャーが敵に回ったことは、涙さえ出ないほどの悲劇です。」

Press Location: 
南アフリカ、ケープタウン
Contact presse
Contact presse: 
クリスティーナ・プレトリウス(IFAWアフリカ南部)
Contact phone: 
+27 21 701 8642
Contact portable : 
+27 82 330 2558
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

With announcement of winners, Love Elephants Youth Contest exhibit opens in LA

Me, 05/22/2013
With announcement of winners, Love Elephants Youth Contest exhibit opens in LA

Une tigresse de l'Amour remise en liberté dans l'Extrême-Orient russe

Publication Date: 
Lu, 05/13/2013
Thumbnail: 
Une tigresse de l'Amour remise en liberté dans l'Extrême-Orient russe
Image: 
Une tigresse de l'Amour remise en liberté dans l'Extrême-Orient russe

Une tigresse nommée Zolushka (Cendrillon en russe) a été remise en liberté dans le cadre d'une opération menée conjointement par le Fonds international pour la protection des animaux (IFAW - www.ifaw.org), le Phoenix Fund, le Special Inspection Tiger, l'A.N. Severtsov Institute of Ecology and Evolution et l'Académie des sciences russe.

Press Location: 
Bastak Nature Reserve, Far East, Russia
Contact presse
Contact presse: 
Michael Booth (IFAW USA)
Anastasia Ivanova (IFAW Russie)
Contact phone: 
+1 (508) 648-3556
+7 (903) 212 57 93

Het IFAW steunt Donkey Sanctuary op Bonaire

Ve, 05/17/2013

De lente kon niet beter beginnen voor Donkey Sanctuary Bonaire. Van het IFAW ontvingen ze namelijk een cheque van 5000 euro! En dat geld hebben ze hard nodig.

Emplacement: 

Как я "выпускала" Золушку

Me, 05/15/2013
Золушка на вездеходе

Я могу считать себя очень счастливым человеком, потому что приняла участие в выпуске в природу Золушки. Это амурская тигрица. Она осталась сиротой зимой 2012 года, и мы помогли ее вырастить в реабилитационном центре в с. Алексеевка, под Владивостоком.

Emplacement: