Klimaattop Lima eindigt met frustrerend maar belangrijk compromis

Ma, 12/16/2014
De opwarming van de aarde heeft nu al verwoestende gevolgen gehad voor duizenden

De opwarming van de aarde heeft nu al verwoestende gevolgen gehad voor duizenden diersoorten, waaronder de walrus.

Emplacement: 

ノルウェーが商業アザラシ猟の補助金を廃止―ヨーロッパの商業アザラシ猟の終結か

Publication Date: 
Ve, 12/12/2014
Thumbnail: 
Image: 

メディア・レポートによると、ノルウェー政府は不要な商業アザラシ猟を政府の援助で下支えすることをやめると発表しました。

「これは何千頭ものアザラシを悲惨な死から救う、素晴らしいニュースです。保守的なノルウェー政府も、34カ国のアザラシ製品禁輸がなくなることはなく、むしろ商業アザラシ猟をやめるときが来たと気づいたようです」と国際動物福祉基金(IFAW)のEU地域事務局長、ソニア・ヴァン・ティシェレンは言います。

AFPは木曜日遅く、1,200万クローネ(130万ユーロ、160万ドル)のアザラシ猟の補助金を2015年の予算から削減することに議員の過半数が賛成したと報じました。「これはEUのアザラシ製品の禁輸にとっても吉報です。欧州人がこの残酷な取引をやめることによって、欧州以外の場所で行われる残虐行為も終わらせることができます」とヴァン・ティシェレンは言います。

Press Location: 
ベルギー、ブリュッセル
Contact presse
Contact presse: 
アドリアン・ヒール(IFAW EU)
Contact phone: 
+32 (0)473 86 34 61
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

環境犯罪指名手配犯がザンビアで逮捕される

Publication Date: 
Ma, 12/09/2014
Thumbnail: 
Image: 

インターポールの国際指名手配リスト、インフラ・テラ(INFRA Terra)に載っていた重要な環境犯罪者が、ザンビア野生生物管理局(ZAWA)とザンビア警察のチームに逮捕されました。

32歳のザンビア人、ベン・シマシクは、2012年に17個の象牙の不法所持で逮捕されたボツワナから逃亡しました。不法所持品は重量115キロでした。

先週リビングストンでシマシクの逮捕につながる情報をZAWAが受け取り、この国際指名手配犯を逮捕する特殊作戦が始まり、ついに2014年12月2日火曜日、シマシクが逮捕されました。

国際動物福祉基金(IFAW)の野生生物取引プログラム・ディレクター、ケルビン・アリーは作戦の成功を称賛します。

Contact presse
Contact presse: 
クリスティーナ・プレトリウス
Contact phone: 
+27 21 701 8642
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

パキスタンで野生から保護されたユキヒョウの子が新居を得る

Publication Date: 
Je, 12/04/2014
Thumbnail: 
Image: 

親をなくしたユキヒョウが野生から保護され、パキスタンのカラコラム・ハイウェイの側で小さなケージに入れられていましたが、ユキヒョウ財団、野生生物局、ギルギット・バルティスタン州、イスラマバードの米国務省大使館、ユキヒョウ基金、ユキヒョウ保護団体、そして国際動物福祉基金(IFAW)のおかげで、新居を得ることになりました。

これら提携団体が資金を出し合って特別に設計し、建設した新しい11,000平方フィートの野生生物保護施設にこの絶滅危惧種のユキヒョウを収容するほか、パキスタンのギルギット・バルティスタン州に教育と国民の認識を高める場所を提供します。

2012年12月31日、地元の村人が当時生後わずか数カ月の野生のユキヒョウの子を見つけ、危害から保護するつもりで連れ帰りました。ユキヒョウの子を捕獲してから約2年後、ギルギット・バルティスタン州の野生生物局は若いユキヒョウを野生に帰す可能性について国際的な専門家に相談しましたが、このユキヒョウは獲物を捕まえて自力で生き延びるために必要なあらゆるスキルが不足しているため、解放しないことが決定されました。

Press Location: 
米国マサチューセッツ州ヤーマスポート
Contact presse
Contact presse: 
マイケル・ブース(IFAW本部)
Contact phone: 
+1 (508) 744-2076
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

Rien ne justifie la capture d’éléphants sauvages au Zimbabwe

Me, 12/10/2014
34 éléphanteaux ont été capturés par le gouvernement du Zimbabwe pour être expor

34 éléphanteaux ont été capturés par le gouvernement du Zimbabwe pour être exportés.La capture et l’exportation de 34 éléphanteaux par le gouvernement du Zimbabwe compromet sérieusement la survie de ces animaux tout en affectant profond&eacut

「生死を問わず求む」、不気味な野生生物のサイバー取引を暴露

Publication Date: 
Lu, 11/24/2014
Thumbnail: 
Image: 

野生動物やその部位について怪しげな大金絡みの取引がオンライン市場で活況を呈し、絶滅危惧種を販売する多くの広告の合法性が問われています。

IFAW(国際動物福祉基金)が今日発表した衝撃的な報告書によれば、何千もの絶滅危惧種がオンラインで売買され、多くは何の解説文書もなく宣伝されています。

報告書「生死を問わず求む、野生生物のオンライン取引を暴く(Wanted – Dead or Alive, Exposing Online Wildlife Trade)」は、2014年前半に行われた6週間の集中調査により、16カ国280のオンライン市場で合計33,006点の絶滅危惧種の野生生物とその部位が見つかったことを明らかにしました。

Press Location: 
英国ロンドン
Contact presse
Contact presse: 
クリスティーナ・プレトリウス(IFAWアフリカ南部)
Contact phone: 
+27 21 701 8642
Contact portable : 
+27 82 330 2558
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

野生生物の違法取引阻止には、国家間・省庁間の協力が不可欠

Publication Date: 
Ve, 11/21/2014
Thumbnail: 
Image: 

野生生物の違法取引との闘いにおいて、国際レベルでの幅広い協力と連携が重要な要素であると、「アフリカの角」(アフリカ最東北端)で能力と専門知識を増やすためのトレーニング・ワークショップを終えた取締官たちは同意しました。

ワークショップは、エチオピアのアジスアベバで月曜日に始まり、エチオピア野生動物保護機構(EWCA)が国際動物福祉基金(IFAW)、ルサカ協定タスクフォース(LATF)、インターポールと共同で開催しました。

アフリカとアラビア半島9カ国の野生生物法執行機関(税関局)やCITES管理局などの機関から37人の職員がトレーニングに参加し、地域でよく違法取引される種の特定や正しい取り扱いに必要な実践的なスキルを学びました。トレーニングは、野生生物種別の取引状況、野生生物犯罪とその取り締まり、国際取引条約と関連機関、国際・地域コミュニケーションを改善する省庁間協力に重点を置いています。参加国は、ケニア、ウガンダ、エチオピア、タンザニア、イエメン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーン、ヨルダンです。

Press Location: 
エチオピア、アジスアベバ
Contact presse
Contact presse: 
ジャクリーン・ニャガ(IFAW東アフリカ)
アーマド・アブ・ザラ(IFAW中東)
Contact phone: 
+254 20 3870540
+971 4 351 7479
Contact portable : 
+254 722 607 640
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

南アフリカでサイの密猟が最高レベルを記録

Publication Date: 
Ve, 11/21/2014
Thumbnail: 
Image: 

南アフリカでサイの密猟が最高レベルに達し、2014年は今日までに1020頭のサイが角目的で密猟されています。

最新の統計は、サイの密猟、密猟者、密売人、密猟組織のメンバーの逮捕に関する環境省の月次報告で今日発表されました。サイの密猟に関わる犯罪に関連して、今年はこれまでに344人が逮捕されています。

世界的に有名なクルーガー国立公園(KNP)では過去10カ月で672頭のサイが密猟され、最大の被害を受けました。

「サイの将来の存続可能性の転換点に急速に近づいています」と国際動物福祉基金(IFAW―www.ifaw.org)の南アフリカ地域事務局長、ジェイソン・ベルは言います。

「南アフリカはこの恐ろしい殺戮との闘いで、これまで以上に国際社会に助けを求める必要があります。サイの角の需要を削減することによってしか殺害のペースダウンは望めないでしょう。」

Press Location: 
南アフリカ、ケープタウン
Contact presse
Contact presse: 
クリスティーナ・プレトリウス(IFAWアフリカ南部)
Contact phone: 
+27 21 701 8642
Contact portable : 
+27 82 330 2558
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

法執行能力を強化して、野生生物の違法取引と闘う

Publication Date: 
Lu, 11/17/2014
Thumbnail: 
Image: 

野生生物の違法取引と闘う取締官の専門知識を向上させるトレーニング・ワークショップが今日からエチオピアのアジスアベバで始まりました。

エチオピア野生動物保護機構(EWCA)が国際動物福祉基金(IFAW)、アフリカ野生動物保護財団(AWF)、フリーランド財団、ルサカ協定タスクフォース(LATF)と共同で開催したトレーニング・ワークショップは、インターポールや税関局の野生生物法執行機関、CITES管理局の職員に野生生物の違法取引を阻止するために必要なスキルを与えることが目的です。参加者はケニア、ウガンダ、エチオピア、ソマリア、タンザニア、イエメン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーン、ヨルダンから集まりました。

このトレーニングは、野生生物法執行ネットワークの確立によって、地域レベルで野生生物犯罪と闘う法執行機関の対応を強化するための大きな戦略的枠組みの一環です。これはARREST(アフリカの絶滅危惧種の違法取引への地域対応)という大陸全体のプログラムのもとで実行され、IFAW、AWF、フリーランド財団の協力で実施されます。

Press Location: 
エチオピア、アジスアベバ
Contact presse
Contact presse: 
アーマド・アブ・ザラ(IFAW中東)
ジャクリン・ニャガ(IFAW東アフリカ)
Contact phone: 
+971 4 351 7479
+254 20 3870540
Contact portable : 
+254 722 607 640
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

各国首脳がCMS CoP 11でサメ、マンタ、イトマキエイに大きな勝利をもたらす

Publication Date: 
Ve, 11/07/2014
Thumbnail: 
Image: 

国際動物福祉基金(IFAW―www.ifaw.org)は、エクアドルのキトで開催された「移動性野生動物種の保全に関する条約(CMS)」の第11回締約国会議(CoP 11)で、サメ、マンタ、イトマキエイの保護が強化されることをとても喜んでいます。

「CMS締約国50カ国以上の合意により、サメとエイの附属書Ⅰ・Ⅱへの掲載が日曜日に発表されることになりました」と海洋生物学者でIFAWドイツ事務局長のラルフ・ソンタグ博士は言います。「この掲載によって、サメはフカヒレ漁や乱獲、その他の脅威による世界の惨状と闘うチャンスが与えられます。」

毎年1億匹以上のサメが捕獲され、過去10年間で80パーセント減少したと推定される種もあります。

「サメCoP」とも呼ばれたこの会議では、移動性のサメやエイ21種を含む史上最多の掲載提案がCMSに提出されました。

Press Location: 
エクアドル、キト
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>