「ソング・オブ・ザ・ホエール」号はIFAW特注の他に類を見ない保護調査船で、マリーン・コンサベーション・リサーチ・リミテッド(MCR)が管理・運営しています。

この船は、クジラ保護のための研究センター、奉仕活動船、浮かぶ教室、世界大使など、さまざまな役割を担っています。クジラを危害から守り、クジラ種を絶滅から救うという任務を負って、海を越え、世界中を旅しています。

「ソング・オブ・ザ・ホエール」号で行われる調査は特に重要な役割を果たしています。個体群評価の実施や調査手法の改良、そしてクジラ種を絶滅から救えるかもしれない技術の開発において、「ソング・オブ・ザ・ホエール」号は世界で最も効果的かつ非侵襲的なクジラ調査船の一つです。

船上のチームは豊富な専門知識と海洋生物保護の経験を持ち、保護研究促進のために他の研究者や業界と協力して活動することもあります。