IFAW の海洋哺乳動物救助研究チーム(MMRR)は、海洋哺乳類(イルカ、クジラ、ネズミイルカ、アザラシ)とその生息域の保護に尽力している、高度な訓練を受けた専門家集団です。MMRRは打ち上げられた動物に迅速に人道的なケアを提供し、座礁の研究を進め、教育を通じて社会の認識を高めています。

ケープコッドは多数のクジラやイルカがよく海岸に打ち上げられる、世界でも数少ない場所の一つです。こうした大量打ち上げでは、可能な限り多くのクジラやイルカを救助するために迅速な対応が必要となります。

MMRRチームはケープコッドの本部から、スタッフと専門用具、そして地元の熱心なボランティア隊を現場に直ちに配備することができます。

MMRRチームの活動範囲はケープコッドの全域を網羅し、ケープコッド運河から南のロードアイランド州境まで広がっていますが、これは約700マイルの海岸線に相当します。MMRRチームは、メイン州からバージニア州までの東海岸全域で熟練した迅速な対応を行う北東部ストランディングネットワークを構成する14組織の1つです。