Trouw: Walvisvlees alleen nog in trek bij bejaarde Japanners

Thu, 02/21/2013
Walvisvlees in een Japanse winkel
Walvisvlees in een Japanse winkel

Dagblad Trouw plaatste gisteren het artikel 'Walvisvlees alleen nog in trek bij bejaarde Japanners'. Het artikel gaat in op het verval van de Japanse walvisjacht en maakt hiervoor gebruik van het IFAW rapport 'The Economics of Japanse Whaling'.

Lees hier het artikel:

 

 

 

 

Walvisvlees alleen nog in trek bij bejaarde Japanners

WOUTER VAN CLEEF | TOKIO − 20/02/13, 00:00

Location: 

ケニアでゾウを救うためのチャリティ・ウォーク

Publication Date: 
Thu, 02/14/2013
Thumbnail: 
Image: 

ゾウを救う活動をしているジム・ニャムは今後2週間にわたり、アフリカのゾウが直面する脅威への関心を高めることを目的とする「エレファント・ウォーク」で、ケニアのモンバサからナイロビへと歩きます。

東アフリカ、特にケニアは違法象牙の主要な供給源や密輸ルートとされています。2013年1月だけでケニアに直接関係した約3.5トンの象牙の押収が報告され、そのうち2トンはモンバサ港で押収されました。

さらに1月上旬、ケニアで最も安全とされるツァボ東国立公園で12頭のゾウの家族すべてが密猟され、象牙を切り取られた状態で発見され、ケニア人はショックを受けました。

「ケニアではゾウの密猟事件が増えており、ケニアが密売人に好まれる密輸ルートになっているのは明らかです」とIFAW東アフリカ地域事務局長のジェームズ・イシチは言います。

Press Location: 
ケニア、ナイロビ
Press Contact
Press Contact: 
クリスティーナ・プレトリウス(IFAW ゾウ・プログラム)
エリザベス・ワンバ (IFAWアフリカ東部)
Contact phone: 
+27 21 701 8642
+254 20 807 2197/387 0540
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

IFAW、イエメンのサメへの脅威を強調

Publication Date: 
Tue, 01/22/2013
Thumbnail: 
Image: 

イエメン共和国のサメの保全を懸念して、国際動物福祉基金(IFAW- www.ifaw.org)はイエメン環境保護局と協力して全国的なワークショップを開催します。

毎年世界で7千万匹のサメが捕獲されていると推定されます。サメは主にヒレ、歯、あごなど高価な部位のために捕獲されます。フカヒレスープの需要のために、サメのヒレを切り取ってサメは生きたまま海に投げ返す「フカヒレ漁」という残酷な漁が行われています。

2013年1月19-21日、イエメンのアルムカラ市で開催されるサメ保全ワークショップにイエメン共和国の代表50名が集まります。漁業の規制・保護に取り組む政府と民間非営利団体の代表が漁業組合・団体の代表とともにワークショップに参加します。

ワークショップはイエメンのサメを保全し、商業的搾取と乱獲からサメを保護する方策を見つけることを目的としています。ワークショップはまた、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)の第16回会議の準備も視野に入れています。

Press Location: 
アラブ首長国連邦、ドバイ
Press Contact
Press Contact: 
マハ・オダ (IFAW UAE)
Contact phone: 
+971559811383
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

モンバサの押収によって違法象牙の供給源という東アフリカのイメージが悪化

Publication Date: 
Wed, 01/16/2013
Thumbnail: 
Image: 

本日ケニアのモンバサで2トンの象牙が押収され、残酷な違法象牙の取引所という東アフリカのイメージがさらに悪化しました。

今日の報道によれば、ケニア警察はモンバサ港で史上最大の象牙を押収しました。150万米ドル相当の2トンの象牙は偽造書類とともに輸送用コンテナに入っていて、インドネシアに輸出される予定でした。

「これはケニアに関係する2週間で2度目の押収です」と国際動物福祉基金(IFAW- www.ifaw.org)の東アフリカ地域事務局長、ジェームズ・イシチは言います。2013年1月4日、香港の港湾当局はケニアから出荷されたコンテナに隠された1トン以上の象牙を押収しました。

「IFAWは本日象牙の積荷を押収したケニア警察を称賛しますが、一層努力して他のアフリカゾウ生息国と協力して、象牙の密輸ルートを封鎖するよう要請します。」

昨年末、IFAWは東アフリカ、特にケニアとタンザニアが違法象牙の大量積荷のルートかつ供給源というイメージが確立しつつあると予測しました。

Press Location: 
南アフリカ、ケープタウン
Press Contact
Press Contact: 
クリスティーナ・プレトリウス(IFAWアフリカ南部)
アドリアン・ヒール(IFAW EU)
ジェフ・ヒー (IFAWアジア)
Contact phone: 
+27 21 701 8642
+32 (0)473 86 34 61
+86 139 0120 5447
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

10万キロの備蓄象牙の販売という問題の提案が棚上げに

Publication Date: 
Fri, 12/21/2012
Thumbnail: 
Image: 

本日の報告によれば、タンザニアは中国と日本に10万キログラム以上の象牙を販売するという物議を醸す提案を撤回することに決めたようです。この提案は3月にタイのバンコクで開催されるCITES(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)の次回会議で議論される予定でした。

「タンザニア政府が備蓄象牙を販売する提案の撤回を決定したことを歓迎します」と国際動物福祉基金(IFAW www.ifaw.org)の代表/CEO、アゼディーン・ダウンズは言います。「CITES締約国会議からこの提案が撤回されたので、IFAWはゾウの個体群の生存を脅かす象牙の違法取引防止への協力に専念できます。2011年は象牙の押収が史上最悪の年でしたが、2012年も1000キログラム以上の多数の押収がありました。」

提案撤回の公式な確認はCITESのウェブサイトにまだ掲載されていません。

提案には条約の附属書Ⅰから附属書Ⅱへのダウンリストも含まれていました。これは象牙取引が許可される前に必要となる措置でした。

Press Location: 
ベルギー、ブリュッセル
Press Contact
Press Contact: 
アドリアン・ヒール(IFAW EU)
Contact phone: 
+32 (0)473.86.34.61
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

サイとゾウが組織犯罪の標的に

Publication Date: 
Mon, 11/19/2012
Thumbnail: 
Image: 

4件の記録的な違法象牙の押収に引き続き、先週末、南アフリカで8頭のサイが残忍に殺されたことで、アフリカの野生生物に対する営利目的の容赦ない残酷な攻撃にまた注目が集まっています。

8頭のサイ(大人7頭と子供1頭)は南アフリカの北西州の飼育場で射殺され、ナタで切りつけられ、角を切り取られていました。恐ろしいことにサイは目と耳を切断され、1頭の雌は生殖器を切除されていました。

今回の殺害により、2012年に南アフリカで殺害されたサイは558頭となり、2011年の448頭、2010年の333頭から増加しました。先週、南アフリカの裁判所は野生生物関連の犯罪に対してこれまでで最も重い判決を下し、サイの角を販売して有罪となったタイ人に40年の刑を宣告しました。

「角目的のサイの殺害は単独の犯罪ではなく、国境を越えた組織的な野生生物犯罪が関与する複雑な問題です」と国際動物福祉基金(IFAW- www.ifaw.org)の南アフリカ地域事務局長兼ゾウプログラム部長、ジェイソン・ベルは言います。

Press Location: 
南アフリカ、ケープタウン
Press Contact
Press Contact: 
クリスティーナ・プレトリウス(IFAWアフリカ南部)
Contact phone: 
+27 21 701 8642
Contact mobile: 
+27 82 330 2558
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

IFAW、自然災害や非常時に動物を救助するためディズニーから25万ドルの補助金を受け取る

Publication Date: 
Thu, 11/15/2012
Thumbnail: 
Image: 

国際動物福祉基金(www.ifaw.org)は今日、災害から動物を救助する活動を支援し、IFAWやパートナーが非常時に救助隊員を派遣するために、ディズニー野生生物保護基金から25万ドルの補助金を受け取ることを発表しました。

「ディズニーは、世界を動物にとってより良くするというIFAWの使命をこれまでも熱心に支援してくれました」とIFAW緊急救援部長、イアン・ロビンソンは言います。「私達は今後も協力し続け、苦しんでいる動物を救助するために必要ならどこにでも行くことを楽しみにしています。」

10年以上の間、ディズニー野生生物保護基金(DWCF)はIFAWの被災動物救助活動を支援するために補助金を提供してくれました。その中にはハリケーン「サンディ」と「カトリーナ」、アジアの津波、ハイチの大地震なども含まれます。ディズニーの支援によって、ゾウやトラから家庭のペットまで、大小様々な動物を非営利で保護することができました。

Press Location: 
米マサチューセッツ州ヤーマスポート
Press Contact
Press Contact: 
シンシア・カーソン(IFAW US)
Contact phone: 
+1 (202) 536-1921
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

From his hospital bed, man dismisses tiger attack as 'not a big deal'

Incident date: 
Fri, 08/08/2008
Date reported: 
Fri, 08/08/2008
Date Published: 
Fri, 08/08/2008 (All day)
City: 
Richmond
State: 
Illinois
Category: 
Human Injury
Name: 
From his hospital bed, man dismisses tiger attack as 'not a big deal'
Headline: 
From his hospital bed, man dismisses tiger attack as 'not a big deal'
Summary: 

An animal trainer was practicing an act at the Hawthorn Corporation when a tiger he was working with attacked him. The man suffered a puncture wound on this knee, a bite wound on his arm, and several scratches.

Publication: 
Chicago Tribune
Author: 
Carolyn Starks and Jeff Long

Man sues animal facility, says tiger attacked him

Incident date: 
Fri, 06/15/2007
Date reported: 
Fri, 06/15/2007
Date Published: 
Fri, 06/15/2007 (All day)
City: 
Richmond
State: 
Illinois
Category: 
Human Injury
Name: 
Man sues animal facility, says tiger attacked him
Headline: 
Man sues animal facility, says tiger attacked him
Summary: 

A man alleged he was mauled by a tiger while visiting Hawthorn facility to take pictures with tiger cubs. He was invited into an arena where fourteen tigers were being trained and, while in the arena, one tiger attacked him. The man suffered severe injuries to his legs.

Publication: 
Chicago Tribune