Bekijk de video: schattig Russisch weesbeertje zet haar eerste stapjes

Mon, 04/01/2013

Toma, in de video hierboven zet ze haar eerste stapjes, is één van de zes beertjes die pasgeleden in Rusland werden gered. Ze worden gerehabiliteerd in IFAW’s Bear Rescue Center in Bubonitsy.

De eerste vier beertjes arriveerden op 2 maart in het centrum. Het waren twee vrouwtjes (Kira en Katia) en twee mannetjes (Sasha en Lenya), ze waren zo’n twee maanden oud en wogen 3 tot 4 kilo.

Location: 

Spotlight India: het geredde olifantje Tinku is gezien, 750 dagen na de vrijlating!

Fri, 03/29/2013
Tinku in een afgelegen gebied van het Manas National Park in Assam, India

Tinku in een afgelegen gebied van het Manas National Park in Assam, India

Slechts een paar dagen nadat we een foto zagen van een tijger die we in 2011 weer uitgezet hadden, ontvingen we nogmaals geweldig nieuws uit India. Het betrof een van de gerehabiliteerde olifantjes, Tinku.

Location: 

チャドで86頭のゾウが虐殺される

Publication Date: 
Mon, 03/18/2013
Thumbnail: 
Image: 

チャドの密猟者が1週間弱で33頭の妊娠中の雌を含む86頭のゾウを虐殺しました。

ゾウはチャドのカメルーン国境付近で殺され、象牙が切り取られていました。2012年初めにチャドとスーダンの密猟者がカメルーンのブバ・ンジダ国立公園で数週間のうちに650頭ものゾウを殺して以来最悪の大量虐殺です。「これはあまりにも衝撃的です」と国際動物福祉基金(IFAW - www.ifaw.org)フランス・フランス語圏アフリカ事務所長、セリーヌ・シスラー‐ビアンヴニュは言います。「アフリカ中部のゾウは悪質な密猟者に包囲され続けています。妊娠中の雌を含む86頭のゾウの殺害は、象牙取引の需要を満たすために冷淡な残虐行為が行われている証拠です」とシスラー‐ビアンヴニュは言います。

Press Location: 
南アフリカ、ケープタウン
Press Contact
Press Contact: 
クリスティーナ・プレトリウス(IFAWアフリカ南部)
セリーヌ・シスラー-ビアンヴニュ (フランス及び仏語圏アフリカ事務所長)
Contact phone: 
+27 21 701 8642
Contact mobile: 
+27 82 330 2558
+33 (0) 6.17.56.10.74
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

ACTION: Our Marine Mammal Rescue team needs your help today

Fri, 04/05/2013
IFAW's Marine Mammal Rescue and Research (MMRR) team respond to dolphin

Our Marine Mammal Rescue and Research (MMRR) team and volunteers responding to a dolphin stranding on Cape Cod.4.11.13 BREAKING UPDATE: FEDERAL GRANT MONEY REMOVED FROM PROPOSED BUDGET

Despite challenges, welfare of animals in Playa del Carmen continues to improve

Fri, 04/05/2013
All 8 puppies survived, thanks to caring community members and IFAW’s support

All 8 puppies survived, thanks to caring community members and IFAW’s support.Playa del Carmen is a paradise; but it also has a history of municipal neglect towards dogs kept in civic facilities.

サメがCITESで勝利

Publication Date: 
Thu, 03/14/2013
Thumbnail: 
Image: 

本日「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)」、通称ワシントン条約の第16回締約国会議(CoP 16)でサメの保護を強化するという歴史的な決定がなされたことをIFAWは称賛します。

Press Location: 
タイ、バンコク
Press Contact
Press Contact: 
アドリアン・ヒール(IFAW EU)
Contact phone: 
+32 (0)473.86.34.61
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

第16回CITES会議で野生生物保護に大きな前進

Publication Date: 
Thu, 03/14/2013

バンコクで開催された「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)」の第16回締約国会議(CoP)が閉会するにあたり、ホッキョクグマには冷酷な一方で、かつてないほど多くの種の保護を強化した歴史的なCoPをIFAWは称賛します。数々の肯定的な結果に加えて、以前は辛辣な言葉も行き交った議論のトーンもレベルも今回はおおむね建設的でした。

「今回のCITES CoPでは2つの大きな変化がありました」とIFAWの代表/CEO及びIFAWのCITES代表団長、アゼディーン・ダウンズは言います。「まず、用心する傾向にシフトしつつあり、迷ったときは保護を選ぶようになったこと。次に、今回は久し振りに問題解決重視のCoPになったと各国代表団が言っていることです。IFAWもそれに貢献できて誇りに思います。」

Press Location: 
タイ、バンコク
Press Contact
Press Contact: 
アドリアン・ヒール(IFAW EU)
Contact mobile: 
+32 473 86 34 61
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

ロシアでトラの密猟が横行

Publication Date: 
Fri, 03/08/2013
Thumbnail: 
Image: 

かつてないほど相次いだトラの部位の押収と親をなくした子トラの捕獲によって、最後のアムールトラの生息地であるロシア極東では、トラが絶滅するのではないかと心配されています。過去12カ月間で史上最多のトラの部位(17~20頭分)が押収され、さらに(少なくとも4頭の母トラから生まれた)史上最多の9頭の子トラが救助されました(母トラは恐らく密猟されました)。また、過去12カ月間で30~33頭以上のトラが野生で捕獲されました(押収されたトラ17-20頭、行方不明の母トラ4頭、子トラ9頭)。

Press Location: 
タイ、バンコク
Press Contact
Press Contact: 
アドリアン・ヒール(IFAW EU)
Contact phone: 
+32 (0)473 86 34 61
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

インターポールの報告書が欧州のオンライン象牙取引の活況を伝える

Publication Date: 
Thu, 03/07/2013
Thumbnail: 
Image: 

国際刑事警察機構(インターポール)が国際動物福祉基金(IFAW)の支援で本日発表した報告書によると、2週間で少なくとも約145万ユーロに相当する何百もの象牙製品が欧州9カ国のインターネットオークションサイトで販売されていたことがわかりました。

インターネットサイトの調査は、環境部門、ハイテク犯罪部門、犯罪資産部門、インターポール、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」(CITES)事務局など、参加国の野生生物犯罪取締機関によって実施されました。

本報告書は欧州諸国の代表が野生生物の国際取引と種の保護に関する問題を話し合うために3月3~14日にバンコクで開催されるCITES締約国会議に参加するにあたって発表されました。2010年、CITESは締約国が「野生生物の合法取引の規制、違法取引の調査、犯人の処罰などの課題に十分取り組めるよう国内対策を評価、開発する」という決議案を承認しました。

Press Location: 
英国、ロンドン
Press Contact
Press Contact: 
アドリアン・ヒール(IFAW EU)
Contact phone: 
+66 (0)82 974 2650
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

CITESで冷たくあしらわれたホッキョクグマ

Publication Date: 
Thu, 03/07/2013
Thumbnail: 
Image: 

米国とロシアの支援により、ホッキョクグマの部位と製品の国際商業取引を事実上禁止する附属書Ⅰへの移行が提案されましたが、カナダ、EU、ノルウェー他数か国が提案に声高に反対しました。

「世界はまたもやホッキョクグマの個体群を保護する対策を取る機会を得たのに失敗しました。ホッキョクグマは前回のCITES会議でも同様にひどい結果でしたが、今回の決定はさらに期待外れでした」とIFAW北米事務局長、ジェフ・フロッケンは言います。「この象徴的な種は十分保護されず、1年過ぎるたびにホッキョクグマが絶滅する時が近づいています。」

カナダ、グリーンランド、ノルウェー、ロシア、米国に生息する野生のホッキョクグマは20,000から25,000頭しか残っていません。ホッキョクグマの研究者は2050年までに世界のホッキョクグマの個体群の3分の2が消滅すると考えています。

Press Location: 
タイ、バンコク
Press Contact
Press Contact: 
アドリアン・ヒール(IFAW EU)
Contact phone: 
+66 082 974 2650
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>