Ontai, un ancien braconnier indien reconverti en soigneur animalier, voit son travail récompensé

Fri, 12/13/2013
Ontai, un ancien braconnier indien reconverti en soigneur animalier, voit son tr

Maheshwar « Ontai » Basumatary, l’un des soigneurs animaliers d’IFAW-WTI qui a été aussi présenté dans le documentaire « Un amour deux panthères », a reçu vendredi dernier le prix Sanctuary Asia Wildlife Service. Voici la copie d’un article retraçant son parcours et publié en juillet sur le site du WTI. – Sheren Shrestha

Support for the ban on hunting with dogs remains strong as hunts ride out on Boxing Day

Thu, 12/26/2013

Pre-ban Seavington Foxhounds Meet.

Location: 

中国が公式晩餐会での野生生物料理の提供を禁止

Publication Date: 
Mon, 12/09/2013

中国政府は昨日、フカヒレ、ツバメの巣などの野生生物製品を使った料理を公式の晩餐会で提供することを禁止すると通達しました。

この禁止令は汚職や過度の出費や浪費に対する政府の抜本的な取り締まりの一環として、中国共産党(CPC)中央委員会及び中国国務院により発表されました。「中国政府の力は当然ながら大きく、野生生物保護で指導的役割を担ってくれれば、中国における野生生物製品の需要と供給は著しく下がるでしょう」とIFAWのアジア地域支局長、グレース・ゲ・ガブリエルは言います。

「国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)は公式行事で野生生物製品の提供を禁止する中国政府の決定を歓迎します。この決定が、野生生物の部位と製品全般の需要と消費の低減に大きな影響を与えることを期待しています。」

毎年1億頭以上のサメがフカヒレのために殺され、何万頭ものゾウが象牙の需要を満たすために殺されています。南アフリカではわずか4年の間(2007年から2011年)にサイの密猟が30倍に増え、アジアでは100年間でトラの個体数が100,000頭から3,000頭まで減りました。

Press Location: 
中国、北京
Press Contact
Press Contact: 
グレイス・ガブリエル (IFAW US)
サブリナ・ツァング (IFAW中国)
Contact phone: 
1 508 744 2195
010 64402960
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

本気の対応-緊急対策でゾウへの襲撃が減ることに期待

Publication Date: 
Wed, 12/04/2013
Thumbnail: 
Image: 

ボツワナで開催中のIUCNアフリカゾウ・サミットに参加している各国の政府代表団が今日、密猟と象牙の違法取引を食い止めるために緊急措置をとることに合意したことで、ゾウの未来がわずかに明るくなりました。

政府代表団は野生生物の違法取引を「重大犯罪」に分類することに尽力し、国連国際組織犯罪条約に定める国家間の捜査協力の実現につなげました。これにより相互の法的支援、資産の差し押さえ及び没収、身柄引き渡しなど、犯罪者の身柄を拘束して野生生物犯罪の責任を追求するための手段が利用できます。

「こうした緊急対策が紙上のもので終わらず、生息国、通過国、消費国を含めた取引の連鎖全体に積極的に働き掛けるものとなるよう願っています。ようやく世界のリーダーたちがゾウの危機の大きさを理解し始めたようです。時間切れになる前に積極的な行動をとってほしいと思います」と国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)のゾウ保護プログラム部長、ジェイソン・ベルがボツワナから伝えます。

Press Contact
Press Contact: 
クリスティーナ・プレトリウス(IFAW野生生物取引プログラム)
Contact phone: 
+27 21 701 8642
Contact mobile: 
+27 82 330 2558
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

モスクワで開催のホッキョクグマ・フォーラムでIFAWが国際商取引の中止を訴える

Publication Date: 
Tue, 12/03/2013
Thumbnail: 
Image: 

「ホッキョクグマ保護に関する協定」締結から40年を記念して開催されているホッキョクグマ保護国際フォーラムにおいて、国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)は、気候変動とそれによるホッキョクグマの生息地喪失の問題に取り組むと同時に、ホッキョクグマの体の部位の国際的な商取引を禁止することにより、ホッキョクグマが現在直面している脅威にさらに踏み込んで対処するよう各国に訴えました。

無秩序な狩猟の結果ホッキョクグマの個体群が絶滅の危機にさらされていた時代に、ホッキョクグマの生息国全5カ国が調印した1973年の保護協定は、無規制の搾取、違法取引、公害、人間との衝突など当時の脅威に焦点を合わせたものとなっています。ホッキョクグマにとっての脅威は当時から多少変化していますが、保護の必要性が差し迫っている状況は40年前と変わりません。

Press Location: 
米ワシントンD.C.
Press Contact
Press Contact: 
シンシア・カーソン(IFAW US)
Contact phone: 
(202) 536-1921
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

EUのアザラシ製品禁輸でWTOが動物福祉は貿易障壁ではないと判断

Publication Date: 
Mon, 11/25/2013

世界貿易機関(WTO)は今日、商業アザラシ猟に由来するアザラシ製品を市場に出すことを禁止するEUの規制に対しカナダとノルウェーが提訴した件で、動物福祉に関するパネルの初めての判決を出しました。動物福祉は世界的に認識されている問題であり、公衆の道徳的問題として有効であると結論付けた上で、パネルは、これらの問題に対処するために取引制限を設けたEUの正当性を認めました。アザラシ製品の規制はWTOによって完全に認められたわけではなく、先住民の狩猟や海洋生物資源管理のための間引きによる製品を禁輸の対象外とする点については調整が必要です。

「WTOのパネルの報告はアザラシ、動物福祉および欧州の人々にとっての勝利です」とIFAWのEU地域事務局長、ソニア・ヴァン・ティシェレンは言います。「EUの指導者たちはアザラシの保護、国民のニーズの代弁、WTO下のEUの義務の尊重を同時に実現したことに誇りを持つべきです。これは簡単なことではありません。」

Press Location: 
ベルギー、ブリュッセル
Press Contact
Press Contact: 
アドリアン・ヒール(IFAW EU)
ミシェル・クリフ(IFAW カナダ)
Contact phone: 
+32 (0)473 86 34 61
1 (647) 986-4329
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

Mexiko: Nachbarn helfen, ein Kätzchen in Playa del Carmen aus dem Abwasserkanal zu retten

Tue, 12/03/2013
Mexiko: Nachbarn helfen, ein Kätzchen in Playa del Carmen aus dem Abwasserkanal

Kätzchen Rapunzel fiel elf Meter tief in ein Abwasserrohr.Davon das Kätzchen Rapunzel durch ein Rohr elf Meter tief in einen Abwasserkanal gefallen war, wusste ihre Retterin Cryss vierundzwanzig Stunden lang gar nichts.

Location: 

SLIDESHOW: Unterstützer schicken Botschaften des Mitgefühls an Hund Lily in Südafrika

Thu, 12/05/2013
SLIDESHOW: Unterstützer schicken Stoffstücke mit Botschaften des Mitgefühls an H

Location: 

Frankrijk neemt maatregelen tegen olifantenstroperij

Thu, 12/12/2013
Frankrijk neemt maatregelen tegen olifantenstroperij

Frankrijk is het eerste land binnen de Europese Unie dat het voorbeeld van de Verenigde Staten volgt.

Er zijn, in onze strijd in de bescherming van bedreigde diersoorten, bepaalde dagen die ons in de gelegenheid stellen te meten waar we staan, om het effect van de onvermoeibare inzet die we allemaal hebben, te zien.

Location: