Coders compete for hackathon prize

Tue, 11/08/2016
Team lookout.  Photo : © ZSL

Team lookout.  Photo : © ZSLI was on hand while 80 computer coders at the Zoological Society of London (ZSL) competed in a so-called “Zoohackathon” where a top prize of £2000 would be bestowed upon the most innovative technology to stop the illegal wildlife trade.

Coders compete for hackathon prize

Tue, 11/08/2016
Team lookout.  Photo : © ZSL

Team lookout.  Photo : © ZSLI was on hand while 80 computer coders at the Zoological Society of London (ZSL) competed in a so-called “Zoohackathon” where a top prize of £2000 would be bestowed upon the most innovative technology to stop the illegal wildlife trade.

Coders compete for hackathon prize

Tue, 11/08/2016
Team lookout.  Photo : © ZSL

Team lookout.  Photo : © ZSLI was on hand while 80 computer coders at the Zoological Society of London (ZSL) competed in a so-called “Zoohackathon” where a top prize of £2000 would be bestowed upon the most innovative technology to stop the illegal wildlife trade.

US-Einfuhrverbot für Löwentrophäen aus der Gatterjagd in Südafrika

Sun, 11/06/2016
US-Einfuhrverbot für Löwentrophäen aus der Gatterjagd in Südafrika

Die US-Naturschutzbehörde (US Fish and Wildlife Service) hat am 21. Oktober eine wichtige Entscheidung für den Schutz der Löwen getroffen. Die Einfuhr von Trophäen in die USA, die aus der Gatterjagd auf Löwen in Südafrika stammen, ist damit weitgehend verboten.

Location: 

IFAW、レバノンのイヌと子ネコに新天地での生活を提供

Publication Date: 
Tue, 09/27/2016
Thumbnail: 
Image: 

国際動物福祉基金(IFAW–www.ifaw.org)は今日、9匹の雑種のイヌと4匹の障害のある子ネコをレバノンのベイルートの保護施設から米国マサチューセッツ州ボストンに飛行機で移送しました。これは、Animals Lebanon(アニマルズ・レバノン)という動物保護団体が、国内で引き取り先を見つけることが難しいイヌの里親探しのためにIFAWの支援を要請したものです。

 

救助されたのは、バティとロビン、カップケーキとマフィンと名付けられた生後6カ月の2組の兄弟を含む、7匹の雌イヌと2匹の雄イヌです。他のイヌたちは生後8カ月から2歳半で、名前はスター、バーボン、ハディール、キミ、そしてベラ。それぞれ病気やケガを乗り越えて渡米した子ネコたちは、アミア(盲目)、ソウソウ、クイック、クークラ(足切断)です。

 

Press Location: 
米マサチューセッツ州ヤーマスポート
Press Contact
Press Contact: 
ケリー・ブラノン(IFAW本部)
Contact phone: 
+1 (508) 744-2068
Contact email: 

サルの一種を保護するために30年間で初めて国際社会が結束

Publication Date: 
Tue, 09/27/2016

「絶滅危惧種のバーバリーマカクは、17回CITES締約国会議で新たな生存の機会を得られるかもしれません」

 

「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)」(通称ワシントン条約)締約国は今回、30年間で初めて、このサルの保護水準の引き上げについて議論します。バーバリーマカクは、ゾウ、ライオン、サイ、サメなどの象徴的な動物とともに、ヨハネスブルクで注目を集めることになります。

 

Press Location: 
南アフリカ、ヨハネスブルク
Press Contact
Press Contact: 
リッケルト・ライネン(IFAWオランダ)
Contact phone: 
+31 6 2458 0029
Contact email: 

Meer olifantenzenders cruciaal voor inzicht in migratie binnen ecosysteem

Mon, 10/31/2016
Het IFAW gaat in samenwerking met de KWS nog eens zes olifanten voorzien van een

Het IFAW gaat in samenwerking met de KWS nog eens zes olifanten voorzien van een halsbandzender, om meer informatie te verzamelen over de manier waarop olifanten dit snel veranderende landschap gebruiken, en de afstanden die ze erin afleggen.

Location: 

国内象牙市場の閉鎖に反対するナミビアの提案をCITES締約国が否決

Publication Date: 
Mon, 09/26/2016
Thumbnail: 
Image: 

57カ国のCITES締約国が、国内象牙市場を規制する提案は条約の範囲外で認められないと主張するナミビアの提案を否決しました。

 

「締約国は、国内取引と国際取引の間に明らかな関連性がある場合に国内市場が抱える問題に取り組んできました。その関連性を示す例として、ゾウほど良い例はありません。締約国が条約の範囲を超えて行動しているとは認められません」と米国は述べました。

 

国際動物福祉基金(IFAW)は、この作業部会に参加して、国内象牙市場の閉鎖は効果があるという証拠を提出しました。

 

興味深いことに、マラウイとモザンビークはSADC(南部アフリカ開発共同体)グループを離脱して、ボツワナとアンゴラと共に国内象牙市場の閉鎖を要求しています。

 

Press Location: 
南アフリカ、ヨハネスブルク
Press Contact
Press Contact: 
クリスティーナ・プレトリウス(IFAWアフリカ南部)
Contact mobile: 
+27 82 330 2558
Contact email: