3年ぶりにアイスランドで捕殺されたナガスクジラ、国内外の非難を浴びながら陸に上げられる

Publication Date: 
Tue, 06/18/2013
Thumbnail: 
Image: 

アイスランド唯一の捕鯨業者は、3年間の中断を経て、絶滅危惧種のナガスクジラに銛を打ち込む残酷な行為を再開しました。

クリスチャン・ロフソンの船2隻は日曜日午後にレイキャビックの港を出航し、そのうち1隻が今季最初となるナガスクジラを側面に括りつけてクヴァルフィヨルズの捕鯨根拠地に到着しました。アイスランド人が大半を占める約40人が、その到着を抗議の声で迎えました。

ナガスクジラ肉の一部が日本でドッグフードに加工されたことが判明する中で、世界中の100万人以上の人々がアイスランドのナガスクジラ肉の取引に反対するオンライン請願に署名しました。

国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)はナガスクジラ猟の再開は残酷で不必要だと非難しています。

IFAW英国事務局長のロビー・マースランドはこう話します。「こうした画像を目にして、絶滅が危惧されているこの動物が、誰も欲しがらない食肉用に切り刻まれるためだけに苦しみながら死んでいったことを思うと、大変悲しいです。」

Press Location: 
アイスランド、レイキャビック
Press Contact
Press Contact: 
アマンダ・ゲント (IFAW UK)
Contact phone: 
020 7587 6725
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

救助されたハイイログマの子がBC州のパイロットプロジェクトでクートネイに帰る

Publication Date: 
Tue, 06/18/2013
Thumbnail: 
Image: 

2012年秋にブリティッシュコロンビア州のクートネイで孤児となった2頭のオスのハイイログマ、ブレアとテリーは、自由への道を帰還中です。2頭は生後8ヶ月だった去年10月、人間と衝突した母親が殺されて孤児となりました。子グマたちは救助されて囲いの中で育ち、今ではいつでも故郷近くに放せるまでに成長しました。

Press Location: 
カナダ、ブリティッシュコロンビア
Press Contact
Press Contact: 
ミシェル・クリフ (IFAWカナダ)
Contact phone: 
1.647.986.4329
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

ドイツ政府、全会一致でEUのアザラシ製品禁輸を支持

Publication Date: 
Fri, 06/14/2013

ドイツ連邦議会では昨夜、欧州全域における商用アザラシ製品取引規制の継続を支持することが全会一致で決定されました。この採決はカナダとノルウェーがWTOに提訴したことを受けて行われました。現在審議中のこの件は今年中に判定が出る予定です。国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)はこの取引規制を導入するために、数々のEU加盟国に対して精力的に働き掛けを行ってきました。

「欧州全域における取引規制が2010年に施行されて以来、カナダの商業アザラシ猟で無残に殺されるアザラシの数は80パーセント減少しました」と海洋生物学者でIFAWドイツ事務局長のラルフ・ソンタグ博士は言います。「そのためEU取引規制の継続は絶対に必要です。ドイツ連邦議会の決定は、残酷な行為に対して市民が「ノー」と言う権利を守ると同時に、EUにも規制の固守を求める決意の表れです。」

Press Location: 
ドイツ、ハンブルク
Press Contact
Press Contact: 
アドリアン・ヒール(IFAW EU)
Contact mobile: 
+32 (0)473 86 34 61
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

Icelandic whaling, Mr Loftsson’s costly hobby

Fri, 06/21/2013
Mr. Loftsson's boat returns with a dead fin whale lashed to its hull.

Mr. Loftsson's boat returns with a dead fin whale lashed to its hull.As the longest day passes in Iceland and despite the very sad fact that it has taken the deaths of two more endangered fin whales to reveal it, a new day may be about to dawn for whales in that beautiful country.

Dierenleed is onacceptabel, vindt de duurzame toeristenbranche

Fri, 06/21/2013
Dierenleed is simpelweg onacceptabel. Het IFAW zorgt dat dit doordringt!

Dierenleed is simpelweg onacceptabel. Het IFAW zorgt dat dit doordringt!

Giving orphaned grizzly bears a second chance in British Columbia

Thu, 06/20/2013
One of the orphaned grizzly cubs on his way back to the wilderness.

One of the orphaned grizzly cubs on his way back to the wilderness.It’s almost summertime in Canada, and that means one thing for the International Fund for Animal Welfare’s 

Giving orphaned grizzly bears a second chance in British Columbia

Thu, 06/20/2013
One of the orphaned grizzly cubs on his way back to the wilderness.

One of the orphaned grizzly cubs on his way back to the wilderness.It’s almost summertime in Canada, and that means one thing for the International Fund for Animal Welfare’s