高価値の野生生物取引が世界中で国の腐敗、テロリズム、内戦を煽る

Publication Date: 
Ma, 02/25/2014
Thumbnail: 
Image: 

新たに米科学誌「バイオロジカル・コンサベーション」に発表された論文は、野生生物とその製品の違法取引があらゆる違法取引の中でも武器と麻薬の密買に次いでもっとも利益性が高く魅力ある取引の一つであると説明しています。

同論文によると、ダルフールのジャンジャウィードやジョゼフ・コニー率いる神の抵抗軍などの悪名高い武装勢力グループ及びテロリスト集団は、野生生物の違法取引から相当量の利益を得て、侵略行為や内戦、その他の暴力行為の資金に充てています。

「犯罪組織は組織的に野生生物を資金源として利用しています」と論文の共著者である国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)のケルヴィン・アリーは言います。「腐敗は軍、国境警備隊、警察、裁判官、税関職員、大使館職員、そして国の外交官にまで、伝染病のように広がっています。彼らは野生生物の違法取引で利益を得て、野生生物の違法取引の手助けをしています。」

Press Location: 
米ワシントンD.C.
Contact presse
Contact presse: 
クリスティーナ・プレトリウス(IFAW野生生物取引プログラム)
ケルヴィン・アリー(IFAW DC)
Contact phone: 
+27 21 701 8642
+1 (202) 536 1905
Contact portable : 
+27 82 330 2558
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

Who is up to the job of saving our wildlife?

Ve, 04/11/2014
The iconic Tasmanian Devil, once found all across Australia, now only exists in

The iconic Tasmanian Devil, once found all across Australia, now only exists in Tasmania and is fighting for survival.Australia is home to some of the world’s rarest and most unique species. People from all over the world flock to our shores to experience our amazing wildlife.

Een nieuw begin voor leeuwen Danka en Ducey

Je, 11/07/2013
Danka bekijkt haar uitzicht vanuit haar nieuwe verblijf

Danka bekijkt haar uitzicht vanuit haar nieuwe verblijfToen ik dinsdag wakker werd in het landelijke Missouri, hoorde ik een gestaag getik op het raam; het regende nog steeds. Natuurlijk regent het.

Leeuwen houden niet van water, dus komt het met bakken uit de lucht. We kunnen er op rekenen dat ze veilig in hun holen zitten en er niet uitkomen voor het opklaart.

Emplacement: 

Eine Tonne Elfenbein in Singapur beschlagnahmt

Publication Date: 
Ve, 04/04/2014
Thumbnail: 
Für Elfenbein wie dieses werden jährlich bis zu 50.000 Elefanten getötet.
Image: 
Für Elfenbein wie dieses werden jährlich bis zu 50.000 Elefanten getötet.

Singapurische Behörden haben jetzt die Beschlagnahmung einer Tonne illegalen Elfenbeins bekannt gegeben. Am 27. März 2014 konfiszierten die Zollbehörden in Singapur 15 Kisten Elefanten-Stoßzähne, die als „Kaffeekirschen“ deklariert waren. Laut den Angaben der  Agrar- und Veterinärbehörde Singapurs (AVA) umfasste die Ware 106 Stoßzähne und sollte von Afrika und nach Asien geschifft werden.

Press Location: 
Hamburg
Contact presse
Contact presse: 
Andreas Dinkelmeyer
Contact phone: 
+49 (0)40 866 500 15
Contact portable : 
+49 173 622 75 39
Contact email: 

アンボセリで妊娠中のゾウが槍で殺される

Publication Date: 
Ve, 03/21/2014
Thumbnail: 
Image: 

近年で最も悲惨な密猟事件の一つと考えられるような出来事がありました。アンボセリの生態系で妊娠中のゾウが槍で突かれて殺されたのです。

この事件は木曜日の午後3時頃、オルティアニ地域で起きました。報告によると、怪我をしたゾウが倒れるのを目撃した牧童から知らせを受けたコミュニティ・スカウトが現場の安全を確保した上でケニア野生生物公社(KWS)の職員に通報したようです。

Press Location: 
ケニア、アンボセリ
Contact presse
Contact presse: 
ジャクリーン・ニャガ(IFAW東アフリカ)
Contact phone: 
+254 20 3870540
Contact portable : 
+254 722 607 640
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

VIDEO: samenwerken met het UNDP om honden in Bosnië te helpen

Ma, 11/19/2013

Samen met het United Nations Development Program startte een klein IFAW-team een nieuw project in Bosnië om gemeenschappen te ondersteunen in hun omgang met zwerfhonden.

Na dit project moeten de gemeenschappen in staat zijn om zelf de problemen die ze hebben met hun zwerfhondenpopulaties op een humane manier op te lossen. Het is de eerste keer dat we deze aanpak toepassen, en de eerste resultaten laten zien dat we op de goede weg zijn.

Bekijk de onderstaande video's om een indruk te krijgen van de eerste workshop die we gaven in Bosnië.

See video
Emplacement: 

インドネシアの2つの火山の脅威にIFAW-COP動物救助チームが対応

Publication Date: 
Je, 02/20/2014
Thumbnail: 
Image: 

インドネシアのジャワ島にあるケルート山及びスマトラ島にあるシナブン山の噴火により近隣住民が避難を余儀なくされた後、行き場を失ったペット、家畜及び野生生物を助けるために国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)は現場近くで救援活動を展開しています。

ケルート山(5,679フィート)が噴火したのは2月13日のことで、これにより近隣の村は直ちに避難しました。報道によると、噴火口から6マイル以内に位置する最大36の村に危険が迫っており、200,000人が避難勧告を受けています。

シナブン山(8071フィート)は昨年末より活発化しており、2月1日の激しい噴火では少なくとも16人の犠牲者が出ています。火山は依然として最高警戒レベルにあり、33の村の約30,000人の住民が42箇所の避難所に収容されています。

IFAWは地元団体のCOP(オラウータン保護センター)と協力し、被災した動物の避難と餌の確保にあたっています。

Press Location: 
米マサチューセッツ州ヤーマスポート
Contact presse
Contact presse: 
ケリー・ブラノン(IFAW US)
Contact phone: 
(508) 744-2068
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

新加坡查获1吨象牙

Publication Date: 
Je, 04/03/2014
Thumbnail: 
新加坡查获1吨象牙
Image: 
新加坡查获1吨象牙

    新加坡今日宣布其拦截了1

Press Location: 
南非 开普敦
Contact presse
Contact presse: 
张琦(IFAW中国办公室)
Contact phone: 
+86 10 6440 2960
Contact email: 

サメがアラビア海を悠々と安全で自由に泳ぎ回れるように

Publication Date: 
Ma, 02/18/2014
Thumbnail: 
Image: 

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイでは今日、アラブ諸国9カ国が「回遊性サメの保護に関する覚書」に署名し、サメの保護に尽力することを宣言しました。この国際協定は「UNEP移動性種野生動物種の保護に関する条約(UNEP/CMS)」に基づき締結されました。

UAE、コモロ、エジプト、ヨルダン、リビア、モーリタニア、スーダン、シリア、イエメンはアラブ諸国として今回初めてサメに関する覚書に署名し、すでに署名している27カ国の仲間入りを果たします。

国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)とUNEP/CMS事務局は、自国海域のサメの保護のためにアラブ諸国が成し遂げた歴史的な成果を歓迎します。

「9カ国が同時に署名を行ったことは、世界に向けて良い手本に続くことを促す、非常に強く重要なシグナルとなります」とIFAWの国際環境条約部長、ピーター・プシェルは言います。

「新たな署名国のコミットメントにより、回遊性サメへの脅威を縮小するための地域的なイニシアティブが促進されるでしょう」とCMS事務局長、ブラッドニー・チェインバースは歓迎します。

Press Location: 
アラブ首長国連邦、ドバイ
Contact presse
Contact presse: 
マハ・オダ (IFAW中東)
ヴェロニカ・レナーツ (CMS事務局)
Contact phone: 
+971559811383
+49 228 815 2409
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

Press Statement - Badger cull

Publication Date: 
Je, 04/03/2014
Thumbnail: 
Press Statement

Today’s announcement that the pilot badger cull will go ahead in Gloucestershire and Somerset once again this year was condemned by International Fund for Animal Welfare (IFAW).

Eminent scientists and wildlife experts as well as many charities have stated their opposition to this cull because it will not significantly reduce incidents of bovine TB.

Press Location: 
London, UK
Contact presse
Contact presse: 
Amanda Gent (IFAW UK)
Clare Sterling (IFAW UK)
Contact phone: 
+44 (0)207 587 6725
+44 (0)20 7587 6708
Contact portable : 
+44 (0)7860 755876
+44 (0)7917 507717