鯨肉の輸送航路に狙われる英国の港湾、拒絶が急がれる

Publication Date: 
Ma, 07/02/2013
Thumbnail: 
Image: 

アイスランド産またはノルウェー産の鯨肉の輸送航路として、英国の港が狙われているという憶測が飛び交う中、英国の港湾は捕鯨反対の態度を明確に示すことが求められています。

日本に到着後多くは倉庫に保管されるか、ドッグフードなどの製品向けに安く販売される運命にある鯨肉ですが、日本にたどり着くまでに英国の港に寄港する可能性があります。

アイスランドの総合運送会社サムスキップ社が最近まで忌まわしい貨物の経由地として使用していたロッテルダム港は、取引を非難するオンライン請願書に100万人以上が署名したことを受け、鯨肉の寄港停止を呼び掛けました。

Press Location: 
英国、ロンドン
Contact presse
Contact presse: 
クレア・スターリング(IFAW UK)
Contact phone: 
+44 (0)20 7587 6708
Contact portable : 
+44 (0)7917 507717
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

クロアチアのEU加盟は動物にとって吉

Publication Date: 
Lu, 07/01/2013

クロアチアは今日、EUの28番目の加盟国となりました。これはクロアチアの動物にとってもEUの残り27の加盟国にとって吉兆です。

「クロアチアには優れた動物福祉法があります。IFAWは、クロアチアがEUの中で動物の代弁者となることを期待しています」とIFAWのEU地域事務局長、ソニア・ヴァン・ティシェレンは言います。「クロアチアがアザラシ製品禁輸を施行したのは2006年、EUの禁輸措置が施行される丸4年も前のことです。」

アニマル・フレンズ・クロアチア(AFC)は、クロアチアにおけるアザラシ製品禁輸や、毛皮目的の動物飼育禁止などその他の注目に値する成果において重要な役割を果たしました。

Press Location: 
ベルギー、ブリュッセル
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

国際司法裁判所で日本の捕鯨に関する口頭弁論が始まる

Publication Date: 
Me, 06/26/2013
Thumbnail: 
Image: 

国際司法裁判所では明日、南極海で捕鯨を行なっている日本をオーストラリアが提訴した件で口頭弁論が始まります。国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)はこれを、調査捕鯨の名前を借りた偽りの行為が世間の目に晒される機会として歓迎します。

日本の調査捕鯨計画の内容を調査している国際法の専門家の独立したパネルは、一貫して日本の捕鯨活動は国際法*の下で「違法」だとしており、IFAWは国際司法裁判所での口頭弁論でも同様の結果が出ると信じています。

日本の調査捕鯨は名前を変えただけの商業捕鯨だとIFAWは考えます。

IFAWの国際クジラ・プログラム部長、パトリック・ラマージはこう話します。「世論という法廷ではすでに判決は出ています。商業捕鯨は、公然と行われていようと調査目的と偽って行われていようと、何の科学的価値もない、残酷で時代遅れの行為であることに変わりありません。21世紀の今、水の中そして市場でも瀕死の状態となっている産業を、日本の納税者は有無を言わさず支援させられています。この問題が国際司法裁判所で徹底的に調査されることは私達にとって喜ばしいことです。」

Press Location: 
オランダ、ハーグ
Contact presse
Contact presse: 
クレア・スターリング(IFAW UK)
パトリック・ラマージ (IFAW本部)
Contact phone: 
+44 (0)20 7587 6708
Contact portable : 
+44 (0)7917 507717
+1 (508) 776 0027
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

VIDEO: dierlijke slachtoffers tornado worden verzorgd bij de Oklahoma's WildCare Foundation

Me, 06/19/2013
VIDEO: dierlijke slachtoffers tornado worden verzorgd bij de Oklahoma's WildCare

Net een week geleden ben ik teruggekomen uit Oklahoma, waar het IFAW (International Fund for Animal Welfare) een team hulpverleners heeft ingezet om te zorgen voor de dierlijke slachtoffers van de recente tornado’s, hagelstormen en overstromingen.

IFAW schafft Korridor für Elefanten im Süden Kenias

Publication Date: 
Je, 07/18/2013
Thumbnail: 
IFAW-Präsident Azzedine Downes und Daniel Leturesh, Führer der OOGR
Image: 
Damit die Elefanten auch in Zukunft sicher ihre Wege nutzen können...

Einen wichtigen Korridor für Elefanten in Kenia sichert der IFAW (Internationaler Tierschutz-Fonds) durch einen Pachtvertrag mit einer lokalen Maasai-Gemeinschaft im Gebiet um den Amboseli-Nationalpark. Das etwa 6400 Hektar große Gebiet verbindet Amboseli mit dem Kilimandscharo-Nationalpark in Tansania. Der so entstehende „Kitenden Korridor“ ermöglicht es den Elefanten, sich weiterhin sicher auf einer ihrer Jahrtausende alten Routen bewegen zu können und schützt sie vor Lebensraum-Zerstückelung und Konflikten mit lokalen Gemeinden.

Press Location: 
Hamburg
Contact presse
Contact presse: 
Dörte von der Reith
Contact phone: 
040-86650033
Contact portable : 
0160-90486493
Contact email: 

Un paradis plus grand pour les éléphants d'Amboseli

Publication Date: 
Me, 07/17/2013
Thumbnail: 
Un paradis plus grand pour les éléphants d'Amboseli
Image: 
Un paradis plus grand pour les éléphants d'Amboseli

L'espace dont jouissent les éléphants du parc national d'Amboseli pour se déplacer librement et en sécurité s'est agrandi hier de près de 6 500 hectares, grâce à la signature d'un accord entre la communauté Maasaï locale et IFAW (Fonds international pour la protection des animaux).

Press Location: 
Le Cap, Afrique du Sud
Contact presse
Contact presse: 
Christina Pretorius (IFAW SA)
Contact phone: 
+27 21 701 8642
Contact portable : 
+27 82 330 2558
Contact email: