International Penguin Conference holds many compelling talks, with one close to the heart

Lu, 09/30/2013
An African penguin.

An African penguin. © R. van AardeIt is always great to attend the International Penguin Conference and I’m here, once again, representing the International Fund for Animal Welfare (IFAW)!

It is where the penguin researchers from around the world meet and greet.

You can help IFAW protect animals around the world

Donate now
Donate Now

Red Rose sources tea from sustainable farms in several countries in which IFAW works to rescue and protect animals and safeguard their habitats.

With your donation today, you can help IFAW protect elephants, lions, tigers and other animals.

 

Colorado floods: helping a horse-loving community get back on their saddles

Lu, 09/30/2013
A thankful family in Colorado with their healthy horse.

The following is a field report and update from my colleague Claire Koss responding to the floods in Colorado. --SW

Colorado floods: helping a horse-loving community get back on their saddles

Lu, 09/30/2013
A thankful family in Colorado with their healthy horse.

The following is a field report and update from my colleague Claire Koss responding to the floods in Colorado. --SW

ケニアの裁判所が寛容さを捨て、象牙密輸者を刑務所送りに

Publication Date: 
Ve, 08/23/2013
Thumbnail: 
Image: 

これまでケニアでは、象牙の密輸者がつかまっても形だけ罪を認め、裁判所も同じく形だけ軽い処罰や罰金を課して終わり、ということがありました。

象牙6.9キロをケニアから持ち出そうとした罪に問われている中国人女性に昨日、2年7ヶ月の実刑判決が言い渡されました。この判決は、違法な象牙取引との闘いにおける勝利として歓迎されました。

「外国籍の人間に対して収監の刑が言い渡されるのは異例のことです」と国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)の東アフリカ地域事務局長、ジェームズ・イシチは言います。

「寛容な対応は封印したということでしょうか。IFAWとケニアの人々はそう信じたいです。犯罪者が何の罰も受けず、あるいは僅かな罰金だけで逃れる一方で、象牙のためにゾウが死んでいくのを見るのはもうたくさんです。」

Press Location: 
南アフリカ、ケープタウン
Contact presse
Contact presse: 
クリスティーナ・プレトリウス(IFAWアフリカ南部)
Contact phone: 
+27 21 701 8642
Contact portable : 
+27 82 330 2558
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

ワールドドッグデー:イヌの健康は人間の健康

Publication Date: 
Di, 08/25/2013
Thumbnail: 
Image: 

ワールド・ドッグ・デー(8月26日)は、世界各地の文化で何千年も前に生まれた人間とイヌの絆を祝う日です。イヌは人間と共に暮らし、人間を理解する高い適応力を持っています。この性質のおかげでイヌは最高のコンパニオンとなりますが、その健康と幸せは完全に人間の手に委ねられています。人間がイヌに対する責任を放棄すると、人間、イヌ、そして両者の絆が傷つくことになります。

国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)は世界中のイヌの福祉を改善するために、人間からイヌへの待遇の質を高めるプロジェクトの支援と開発に取り組んでいます。

Press Location: 
米マサチューセッツ州ヤーマスポート
Contact presse
Contact presse: 
ケイト・アテマ (IFAW本部)
アンドレアス・ディンケルマイヤー(IFAWドイツ)
Contact phone: 
+1 508 744 2095
+49 40 866 500 15
Contact portable : 
+1 508 364 7848
+49 173 622 75 39
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

米国魚類野生生物局が国内に保管されている象牙の破壊処分を発表

Publication Date: 
Lu, 09/09/2013

国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)及び世界自然保護基金(WWF)からの報告

米国魚類野生生物局は今日、米国当局が押収し保管している違法象牙6トンを処分することを発表しました。この発表は、違法なゾウの製品の不正取引を中止する必要性を訴える重要なシグナルです。違法取引の急増により、近年は年間30,000頭のアフリカゾウが殺される事態となっています。

米国では1989年に商業的な象牙取引が禁止されたにも関わらず、国内における最近の押収や摘発は、今も米国が違法象牙の主要な目的地であることを示しています。保管されている象牙を破壊する行為は、象牙が美術品として、あるいは宝飾品、彫刻品、アクセサリーとして受け入れられないという重要なメッセージを発信することになります。

Press Location: 
米ワシントンDC
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

中国北東部で2200万米ドル相当のサイガの角押収

Publication Date: 
Ve, 09/13/2013
Thumbnail: 
Image: 

マスコミの報道によると先週、キルギスタンと中国のシンチアン自治区の国境沿いで中国の警察及び税関職員がサイガ2,235頭分の角4,470本を押収しました。中国当局は押収した角は2200万米ドルに相当すると見積もります。9月5日の発見時、角はトレーラーの中でワラに覆われた数十個の箱に隠されていました。

「過去20年間でサイガの個体数は95パーセント減少しました」とIFAWのロシア・CIS地域事務所長のマリア・ヴォロンツォワは言います。「先週の中国当局による押収は警鐘にすぎません。すべての哺乳類の中でサイガが最も急激な減少に苦しんでおり、絶滅という結末は苦しいほど現実味を帯びています。サイガが助かるためには私達人間が今すぐ行動するしかありません。そうしなければサイガは永久に失われてしまうでしょう。」

Press Location: 
米マサチューセッツ州ヤーマスポート
Contact presse
Contact presse: 
マイケル・ブース(IFAW本部)
アナスタシア・イワノワ (IFAWロシア)
Contact phone: 
(508) 744 2076
(903) 212 57 93
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

マラウイの養魚場プロジェクトは命を救い、野生生物を護る

Publication Date: 
Ma, 09/17/2013
Thumbnail: 
Image: 

リウォンデ国立公園近くにオープンしたチコロンゴ・コミュニティ養魚場は、動物と人間相互の福祉のニーズを独特の形で結び付けています。

自由に歩き回る何百頭ものゾウや、カバ、草食動物、爬虫類、そして600種以上の鳥類はマラウイ観光の目玉ですが、この養魚場の開設により、これらの動物の密猟が減ることも期待されています。

「今週末のチコロンゴ・コミュニティ養魚場のオープンは、これまで水と食糧の確保をリウォンデ国立公園に頼ってきたコミュニティに、別の方法で生計を立てる機会を与える第一歩となりました」と国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)の代表、アズディン・ダウンズは言います。

Press Location: 
マラウイ、リウォンデ国立公園
Contact presse
Contact presse: 
クリスティーナ・プレトリウス(IFAWアフリカ南部)
Contact phone: 
+27 21 701 8642
Contact portable : 
+ 27 82 330 2558
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>