SLIDESHOW: De mobiele kliniek van Playa del Carmen

Mar, 09/10/2013
SLIDESHOW: De mobiele kliniek van Playa del Carmen

Deze foto’s geven een beeld van het werk van de medewerkers en vrijwilligers van IFAW’s mobiele kliniek.

6日間で4.5トン、ケニアのモンバサで象牙押収

Publication Date: 
Mar, 07/09/2013
Thumbnail: 
Imagen: 

月曜日にモンバサ港で象牙3トンが押収されたことで、1週間のうちにケニアの都市で押収された象牙は4.5トンとなりました。

今回押収された象牙は落花生、先週押収された1.5トンは干し魚と偽って記載されていました。どちらも行き先はマレーシアでした。

「ケニアの警察当局は象牙の違法取引を終わらせる決意を一層強めています」と国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)のゾウプログラム部長、ジェイソン・ベルは言います。

「1週間のうちに彼らが成し遂げたことは感動的であると同時に非常に悲しいことでもあります。ゾウの違法取引を阻止する彼らの働きには非常に励まされますが、これほど多くの象牙が押収されていることは、ゾウの密猟が完全に制御不能な状態に陥っていることを示しています。」

Press Location: 
南アフリカ、ケープタウン
Contacto de prensa
Contacto de prensa: 
クリスティーナ・プレトリウス(IFAWアフリカ南部)
Contact phone: 
+27 21 701 8642
Contact mobile: 
+27 82 330 2558
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

クジラに正義がなされる期待を残し、国際司法裁判所で日本の捕鯨に関する口頭弁論が終わる

Publication Date: 
Mié, 07/17/2013
Thumbnail: 
Imagen: 

南極海で捕鯨を行なっている日本をオーストラリアが国際司法裁判所に提訴した件で、口頭弁論は今日終わりを迎えました。国際動物福祉基金(IFAW)は調査捕鯨が中止され、クジラに手厚い保護が保証されることを願っています。

3週間にわたる口頭弁論から判決が出るまでには数ヶ月かかると見られていますが、IFAWは調査捕鯨の名前を借りた偽りの行為が口頭弁論によって世間の目に晒されたと考えます。

日本の調査捕鯨計画の内容を調査している国際法の専門家の独立したパネルは、一貫して日本の捕鯨活動は国際法*の下で「違法」だとしており、IFAWは国際司法裁判所での口頭弁論でも同様の結果が出ると信じています。

IFAWのクジラ生物学者、ヴァシリ・パパスタヴロウはこう話します。「オーストラリアは隙のない理論を展開しました。国際捕鯨委員会はクジラの保護と捕鯨の管理に関して多国間で決定がなされるために設置されました。日本は商業目的で南大洋クジラサンクチュアリにおける捕鯨を続行するための一方的な判断を正当化しようと、無駄なあがきをしました。国際司法裁判所の裁判官たちは『もういい加減にしよう』と判断すると確信しています。」

Press Location: 
オランダ、ハーグ
Contacto de prensa
Contacto de prensa: 
クレア・スターリング(IFAW UK)
パトリック・ラマージ (IFAW本部)
Contact phone: 
+44 (0)20 7587 6708
Contact mobile: 
+44 (0)7917 507717
+1 (508) 776 0027
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

恥ずべき鯨肉、港や運送会社から拒絶されてアイスランドに戻る

Publication Date: 
Lun, 07/22/2013
Thumbnail: 
Imagen: 

日本への恥ずべき航海の一端を担うことを港や運送会社に拒絶され、引き取り手のない鯨肉が一晩でアイスランドに戻ってきました。レイキャビク港に近づく貨物船「パイオニア・ベイ」号に、国際動物福祉基金(IFAW)のアイスランド人支援者を乗せた2隻のホエールウォッチング船が加わりました。彼らはアイスランドの捕鯨に「何の意味があるのか?」を問いかける横断幕を持ち、指差す手を描いた大きなプラカードも掲げていました。

アイスランド唯一の捕鯨業者クリスチャン・ロフソンは、3年間の休止を経て6月にアイスランドで絶滅危惧種のナガスクジラ猟を再開しました。殺されたクジラの肉はコンテナに詰められて、唯一の、しかし非常に限られた市場である日本に向けて、長くお金のかかる旅が始まりました。

今季最初のナガスクジラの肉を港に運んできた先月、捕鯨船はクジラがドッグフードなどの製品のために殺されていることに嫌悪感を抱く国内外の抗議者に迎えられました。

Press Location: 
アイスランド、レイキャビク
Contacto de prensa
Contacto de prensa: 
ロビー・マースランド (IFAW UK)
シガースタイン・マッソン(アイスランド)
Contact mobile: 
+44 (0)7801 613534
00354 8638361
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

Final western gray whale sightings of the summer as research season draws to a close

Vie, 09/20/2013
A western gray whale breaching near Piltun Island.

A western gray whale breaching near Piltun Island.We are back with the latest and final news update this season from Piltun.

Our western gray whale research in north-eastern Sakhalin, Russia, has come to an end, and we completed our 2013 research season. Overall, we are very pleased with the amount of information we managed to gather during the last two months.

One for the animals!

Mar, 09/17/2013
Naomi in her zebra Onesie, ready to cheer the IFAW team!

Naomi in her zebra Onesie, ready to cheer the IFAW team! How often do you see a koala, a tiger, a seal and a zebra all congregated in the one place?

Malawi: elke vis telt voor het behoud van Liwonde National Park

Mar, 09/17/2013
Malawi: elke vis telt voor het behoud van Liwonde National Park

In het bovenstaande videofragment vertelt president-directeur Azzedine Downes van het IFAW waarom de oprichting van de Chikolongo Community Fish Farm zo belangrijk is voor het behoud van de lokale Malawische fauna.

~~~

Focus sur le Malawi : sauver le Parc national de Liwonde, un poisson après l'autre

Mar, 09/17/2013
Focus sur le Malawi : sauver le Parc national de Liwonde, un poisson après l'aut

Le parc national de Liwonde est l'un des joyaux méconnus d'Afrique. Niché au cœur du Malawi, petit pays surtout connu des Occidentaux parce que la pop star Madonna y a adopté deux de ses enfants, Liwonde est l'un des principaux sites de biodiversité d'Afrique australe.

Et il est menacé.

Blickpunkt Malawi: die Rettung des Liwonde-Nationalparks

Mar, 09/17/2013
Blickpunkt Malawi: die Rettung des Liwonde-Nationalparks

Im Video erklärt IFAW Präsident Azzedine Downes, warum die „Chikolongo Community Fish Farm“ für den Schutz der Wildtiere in Malawi so wichtig ist.

 

Ubicación: