Un projet de protection des éléphants au service des communautés voisines

Publication Date: 
Sep 3 2014
Thumbnail: 

Mercredi matin a été dévoilée une proposition de plan pour la conservation du corridor de Kitenden, dans le vaste écosystème du Parc national d’Amboseli (Kenya).

Press Contact
Press Contact: 
Jacqueline Nyagah (IFAW Afrique orientale)
Contact phone: 
+254 20 807 2197
Contact mobile: 
+254 722 607640
Contact email: 

人間も動物も助けるユニークなマラウイの教育パートナーシップが発足

Publication Date: 
Aug 26 2014
Thumbnail: 
Image: 

マラウイのリウォンデ国立公園で今日、ユニークな保護教育パートナーシップが大きな興奮とともに発足しました。このイニシアチブが日々野生生物と暮らす地域社会の学校卒業率の向上に効果を発揮するという期待も大きいです。

国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)と教育NGO、HELPマラウイ(希望、教育、愛、保護–www.helpchildren.org)のパートナーシップの正式な発足式がマラウイのバラカ地区のナンソンバ小学校で行われました。

「このイニシアチブは、野生生物と日々生活を共にしている人々の知識と考え方を向上させることを目的とした地域密着型の教育プログラムを展開していきます。その中で特に重要なのは、この地域の生徒の卒業率を上げ、落第生の数を減らすことです」とIFAWの動物行動教育プログラム・ディレクター、ナンシー・バーは言います。

Press Location: 
マラウイ、リウォンデ国立公園
Press Contact
Press Contact: 
クリスティーナ・プレトリウス(IFAWアフリカ南部)
Contact phone: 
+27 21 701 8642
Contact mobile: 
+27 82 330 2558
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

Critically endangered Bengal florican rescued in Northeast India

Sep 3 2014
The IFAW Wildlife Rescue Centre rescues rare Bengal Florican

An IFAW Wildlife Rescue Centre staff member holds a rescued Bengal Florican.This is her first ever visit and she represents a critically endangered species. The blue sky and the landscape of  Kaziranga National Park in Northeast India still has impression of their existence while they fly or roam around this world heritage site.

Nestlé announces commitment to animal welfare

Aug 28 2014
IFAW applauds Nestlé’s decision to implement humane animal supplier practices

Times are changing. As a representative of Nestlé—one of the world’s largest food companies with operations in 86 countries—acknowledged last week, consumers are increasingly invested in the welfare of the animals that produce their food.

A story in The New York Times noted that Nestlé would implement the following changes to its supplier practices:

So this is how South Africa values its rhinos?

Sep 2 2014
South African government strategy continues to put rhinos at risk.

A white rhino calf stands beside its grazing mother in South Africa’s Kruger National Park. © IFAW/J. HrusaWe have grown weary of South Africa’s Minister of Environmental Affairs Edna Molewa’s weak argument that South Africa, through its Constitution, aspires to protect rhinos through a philosophy of sustainable utilisation of natural resources.

ワールド・ドッグ・デー:心身ともに健康なイヌに

Publication Date: 
Aug 26 2014
Thumbnail: 
Image: 

8月26日はワールド・ドッグ・デーで、人間とイヌの絆を祝う日です。イヌは何千年もの間、仲間として、家の番犬として、そして仕事や日常生活の助手として、人間と共に暮らしてきました。既に多くの人々が受け入れていることであり、科学的な裏付けも進んでいる通り、人間の健康と幸福、そしてイヌの健康と幸福は、本質的につながっています。だからこそ、忠実な仲間であるイヌがなぜ、よくても迷惑な、あるいは最悪の場合には危険になりかねない行動で不満を示すのか、よく考えなくてはいけません。

Press Location: 
米マサチューセッツ州ヤーマスポート
Press Contact
Press Contact: 
ケリー・ブラノン(IFAW本部)
Contact phone: 
508-744-2068
Contact mobile: 
508-776-9872
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

Een leven in vrijheid voor onze zes Russische tijgers

Aug 27 2014
Een leven in vrijheid voor onze zes Russische tijgers

Tijd voor een update over de zes vrijgelaten Russische tijgers. Hoe gaat het met hen sinds hun vrijlating in het wild?

De eerste van deze tijgers is Cinderella,  die nu al een jaar lang zelfstandig de taiga verkent.

Location: 

ワールド・エレファント・デー2014 ― 祝い事と心配事

Publication Date: 
Aug 12 2014
Thumbnail: 
Image: 

国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)によると、8月初旬の今日現在、取締機関による象牙の押収がなかった週は2014年に入ってから一度もありません。報告されていない事例はそれ以上あるでしょう。

「象牙の押収はどこかのゾウの虐殺を意味しますが、犠牲となっているのは主に貧困や政治不安によって密猟者と密売カルテルが妨害なく活動できるアフリカの国々のゾウです」とIFAWのゾウプログラム部長、ジェイソン・ベルは言います。

「世界中の動物愛好家がワールド・エレファント・デーの祝賀の準備をしている中、今年1月初旬以降、取締機関が多かれ少なかれ象牙の積荷を押収しなかった週が一度もなかったことを考えてみる価値はあるかもしれません。毎年少なくとも35,000頭のゾウが象牙の需要を満たすために非常に残酷に殺されているのです。」

Press Location: 
南アフリカ、ケープタウン
Press Contact
Press Contact: 
クリスティーナ・プレトリウス
Contact phone: 
+27 21 701 8642
Contact mobile: 
+27 82 330 2558
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

Russland: Expeditionsteam konnte bislang acht neugeborene Grauwalkälber sichten

Aug 20 2014
Russland: Expeditionsteam konnte bislang acht neugeborene Grauwalkälber sichten

Acht neugeborene Grauwalkälber konnten 2014 bisher vor der russischen Insel Sachalin gesichtet werden.

Dieses Update von unserer Grauwal-Expedition hat uns unsere russische IFAW Mitarbeiterin Anna Filippova geschickt:

Bereits acht neue Grauwalkälber haben wir in diesem Jahr gesehen.

Location: 

最新の報告書でオークション業界とゾウの密猟を関連付ける

Publication Date: 
Aug 12 2014
Thumbnail: 
Image: 

国際動物福祉基金(IFAW-www.ifaw.org)はワールド・エレファント・デーである今日、オークション業界がゾウを保護するための措置を十分にとっていないことがわかる最新の調査報告書を発表しました。業界内の多くの企業はゾウの密猟危機を促進する問題には関わっていないと主張していますが、調査員はこの主張を裏付けるデータをほとんど見つけることができませんでした。

報告書「生き残りをかけた競売:ゾウの密猟危機と米国の象牙市場におけるオークションの役割」によると、調査した351のオークションのうち、売りに出された象牙の出所、年齢、合法性を証明する書類を示したのは1つだけでした。

Press Location: 
米ワシントンD.C.
Press Contact
Press Contact: 
シンシア・カーソン
Contact phone: 
+1 (202) 536-1921
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>