IFAW、アンドリュー・C・ウィルソンをフィランソロピー部門の副代表として迎える

Publication Date: 
Wed, 06/17/2015
Thumbnail: 
Image: 

7月1日、アンドリュー・C・ウィルソン氏がフィランソロピー部門の副代表として国際動物福祉基金(IFAW)に加わります。着任後にウィルソンは、世界に190万人いるIFAW支援者の基盤を保持するとともに、世界的にフィランソロピーの概念が発展し続ける中でIFAWの資金集めを成功させるための新戦略を展開しながら、組織全体の寄付金の管理を行います。

「アンドリュー・ウィルソンにはあらゆる分野で世界規模の資金集めの専門知識があり、その確かな経営手腕と戦略的な意思決定を含む幅広い能力をIFAWで発揮してくれるでしょう」とIFAWの代表/CEOであるアゼディーン・ダウンズは言います。「私たちの仲間に加わってくれることは大変嬉しく、力を合わせて世界中の動物を救い、護るというIFAWのミッションに取り組むことを楽しみにしています。」

Press Location: 
米マサチューセッツ州、ヤーマスポート
Press Contact
Press Contact: 
ケリー・ブラノン(IFAW本部)
Contact mobile: 
508-744-2068
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>

Politicians call for an end to Japan’s Antarctic whaling

Tue, 06/23/2015
We enjoyed a strong from Rory Stewart, Parliamentary Under Secretary of State at

Rory Stewart, Parliamentary Under Secretary of State at Defra, praised IFAW's work on whaling.

Last week, the International Fund for Animal Welfare invited politicians in the UK from across the political spectrum to attend an event at Westminster on protecting whales from the cruelty of commercial whaling.

Ivory trade on agenda for US – China Dialogue

Tue, 06/23/2015
The ivory carvings and trinkets crushed at Time Square were confiscated from ill

The ivory carvings and trinkets crushed at Time Square were confiscated from illegal trade on the streets of New York.  Every fifteen minutes an elephant is killed for the ivory trade.

Zambia Elephant Orphanage has wheels!

Mon, 06/22/2015
Zambia Elephant Orphanage

The Zambia Elephant Orphanage has a new truck thanks to your generous donations.

Thanks to a generous donation from the International Fund for Animal Welfare (IFAW), the Elephant Orphanage Project (EOP) secured a much-needed vehicle to support the daily work at Zambia Elephant Orphanage.

Beurzen maken dromen getalenteerde studenten Kenia waar

Tue, 06/16/2015
Beursstudent Paul Sankau Sainepune vertelt dat hij met de beurs van het IFAW toe

 Beursstudent Paul Sankau Sainepune vertelt dat hij met de beurs van het IFAW toerisme gaat studeren aan de Mount Kenya Universiteit.

Location: 

日本が「調査」目的でクジラを殺す必要性はないと世界の科学者らが専門家による調査結果を支持

Publication Date: 
Fri, 06/19/2015
Thumbnail: 
Image: 

先日開催された国際捕鯨委員会(IWC)の科学委員会の会合に参加した国々の科学者の大多数は、今年日本がクジラを「調査」目的で殺す必要は一切ない、と結論付けました。

昨年3月に国際司法裁判所(ICJ)が南氷洋における日本の捕鯨計画JARPA-IIは調査が目的ではなく違法行為であるとの判決を下したにもかかわらず、日本は今年後半に南極海での捕鯨を再開する予定です。

当初は国際司法裁判所の判決に従うことを約束したにもかかわらず、日本は別の名前の事業(NEWREP-A)の一環として、わずか1年の中断を経て、南極捕鯨活動を南氷洋において再開する計画を発表しました。

サンディエゴでの年次総会の閉会から2週間経った今日、IWC科学委員会の報告書が公表されました。委員会には捕鯨賛成派も含まれていたため、日本の計画についての合意はなされなかったものの、委員会に出席した各国代表者の大多数は「2015/16シーズンの致死的サンプリングを開始する正当性は認められなかった」と結論付けました。

Press Location: 
英国、ロンドン
Press Contact
Press Contact: 
クレア・スターリング(IFAW UK)
Contact phone: 
+44 (0)20 7587 6708
Contact mobile: 
+44 (0)7917 507717
Contact email: 
Legacy Import Data
Caption: 
<p><object cotype="cs" id="SILOBFWOBJECTID" style="width: 0px; height: 0px; display: block;" type="cosymantecnisbfw"></object></p>